長持ちと安全のコツ

スポーツ自転車を「日常使い」するあなたへ

スポーツ自転車を日常使いしよう

シティサイクル(ママチャリ)の代わりに、スポーツ自転車を使いたい! という声が増えています

シティサイクルでもいいけど、もう少し軽快に走れるといいなぁ
普段はシティサイクルで十分だけど、お休みの日にはちょっと遠出も

そんな感じ。そういう使い方もステキですし、普段の通勤通学やお買い物が楽しくなりますので、おおいに推奨! ではありますが… でもやっぱりちょっとした注意点もいくつか。今回はスポーツ自転車を「普段使い」する方へのお話です

まず大前提ですが…

スポーツ自転車とシティサイクル、どちらも同じ「自転車」ですが、実は結構異なる乗り物です

シティサイクル

  • サイズは1サイズ
  • 鍵、ライトなど全部ついている
  • かご、泥除け、スタンドなど標準装備

タイヤの大きさは26インチ、27インチを中心に複数ありますが、本体のサイズは1種類。いろんなパーツがすべて標準装備になっています。

スポーツ自転車

  • サイズは3~5種類程度
  • 鍵、ライトなどは基本すべて別売り
  • かご、泥除け、スタンドなど基本はオプション

こちらは本体のサイズが複数あって、身長に合わせて選択します。身体にピッタリのサイズを選んで、スポーティに乗るという形態。パーツ類は基本は別売。それぞれの求める機能や、好みにあったものを選んでカスタムしていくスタイルです。

カゴや泥除けなどはついていないものがほとんどですが、必要に応じて装着もできますので、買われるときなどにお店でご相談を。

スポーツ自転車は結構繊細です

快適・軽快によく走ってくれるスポーツ自転車。とっても楽しい自転車なのですが、実は結構「繊細」だったりもします。

というか… シティサイクルが繊細じゃなさすぎるというのか… ですので、同じように使っているとあっという間に状態が悪くなります。だから、コマメなメンテナンスをお願いします。

保管方法は?

できれば家の中で保管してください。屋外で保管すると、寿命が半分になるなんて言います。お安くないお買い物ですし、大事な愛車。できるだけ長くお付き合いしたい。ですので、できれば屋内保管を。

「雨」が当たらなくても、「風」があたると、どうしても湿気がついてしまってサビと汚れの原因になっちゃいます。できれば屋根だけではなく、壁があるところが望ましいです。

日常のメンテナンスは?

ていねいにメンテできる方は、していただいたらいいのですが、「最低限で」という場合は2点だけ。

  • コマメに空気を入れる
  • がついたら拭く

空気は毎週、もしくは毎回乗る前に。「指定空気圧」というものがありますので、それを確認しつつ入れてください。

水分はサビの元。雨に濡れたあとは拭くなどとして「水」から愛車を守りましょう。日常の中に潜む「湿気」も気にしてくださいね。

もうちょっと頑張れるなら?

もう少しがんばってもいいよって人は、「乗る前の点検」と「注油」をお願いします

乗車前点検は、毎回乗る前にカンタンな点検をすること。「空気入ってる?」とか「ブレーキシュー(パッド)減ってない?」とか、ガタガタになっている、ゆるみが出ている部分がないか、変な音が出ていないか? などを確認します。これ、習慣にしておくのがオススメ。日常的に気にしていると「ん?」「あれ?」にいち早く気づけますので、愛車に問題が起こっていても早めに対応できて、軽症ですみます。

注油はやっぱり「チェーン」が中心。詳しくは下記ページをどうぞ。買ったお店で聞いてもらうと、「使うグッズ」とか「方法」とか教えてもらえるはずです

ケミカルの基本3ステップ
自転車の洗剤&注油グッズ「ケミカル」 基本の3ステップ自転車の洗浄や整備に使う洗浄剤や、各部に指す油類のことを、ざっくりと「ケミカル」と呼びます。 ケミカルの基本って? ケミカル...

自転車店を頼ってください

シティサイクルで自転車店に行くときって、何らかのトラブルや不具合があった時。パンクしたとか、変な音がするとか。

でもスポーツ自転車は定期的なメンテが大事です。いやホントはシティサイクルだってメンテ大事なんですが、今はちょっと忘れまして。スポーツ自転車は定期的なメンテナンスが超絶大事です。

せっかく選んだスポーツ自転車ですから、しっかりメンテして楽しく乗り続けてください。きちんとメンテしていただければ5年、いや10年だって乗り続けられます。

ご自分で何でもしちゃう方はいいのですが、そうでない方はぜひ「自転車店」を頼ってください

お店でメンテしてもらおう

大体のお店には「メンテメニュー」がありますので、定期的にメンテを受けていただくのがオススメ

日常的に乗られるのであれば1年に2回。たとえば暑くて乗りにくくなる夏と、逆に寒くて乗らない冬などに、メンテを実施していただくと、安全・快適に乗り続けられるんじゃないでしょうか?

毎回の支出が痛いなぁと思うかもしれませんが、そんな時はこちらを。少しは支出が圧縮できる方法をご紹介してます

メンテ費用を減らそう
自転車には維持費がかかる 7つの工夫でメンテ費用を節約しよう 自転車にも「維持費」がかかります。 クルマみたいに税金がかかることはありませんが、乗り続けようと思うと毎年ある程度の費用が必要で...

買ったお店を頼るのがお得?

スポーツ自転車を売っているお店。そのお店で買った自転車であれば「メンテナンス無料」とか「メンテナンス割引」なんて制度があったりします。侍サイクルにも、「(侍サイクルが潰れるまで)基本点検無料」という制度がありますし、「工賃割引」制度もあります。

このシステムを上手に使っていただくのが、お得になるコツ。

お引越しなどでどうしようもないこともありますが、そうでないなら「買ったお店を利用する」のがお得ですし、買う時は「頼れそうなお店」を選ぶのがオススメ。

スポーツ自転車を満喫してください

いろいろ書きましたが、スポーツ自転車は楽しい! これは間違いのない事実です。

最初にスポーツ自転車に乗った日。もう相当昔… 20年くらい前ののことなんですが、ちょっと漕いだだけでぐんぐん進む自転車に驚愕し、感動して「ほしい!」って思いましたし、「どこまでも行けそう」と思いました。

その自転車に乗って、いろんなところに行きましたし、たくさん走りました。そして実は20年経った今でも(いろんなパーツを交換した末ですが)乗っていたりします。

あの時感じた「すごい!」「楽しい」って気持ち。それと同じようなものを感じていただけたから「スポーツ自転車っていいぞ」って思われたんじゃないか? って。

ですので、その「すごい!」「楽しい」も大事に、愛車・相棒とたくさん遊んでいただけると嬉しいです。自分たちだけでなく、きっと多くの自転車店がそう考えているはずですし、そのためのサポートをしたい! ってお店も多いはず。

だからたくさん楽しんでスポーツ自転車ライフを満喫して、年に数回は自転車店を頼ってください。

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。