自転車の困った

キキーッてブレーキの異音気になりませんか? 自転車店で直せます

ブレーキの異音は自転車店へ

自転車のブレーキをかけたとき…

キキーッと甲高い、耳障りな音。しませんか? 「する」って方は、ぜひ自転車店へ!

ブレーキ異音の原因は?

ブレーキ異音は、多くの場合ブレーキの状態がよくないのが原因です。

自転車はざっくり「ディスクブレーキ」と「リムブレーキ」… まぁ他にもたくさんありますが、ここでは「リムブレーキ」のお話だと考えてください。

自転車の「リムブレーキ」は回っているホイール(車輪)を、ゴム製のブレーキシューで挟み込むことで威力を殺して止めています。

created by Rinker
SHIMANO(シマノ)
¥800
(2019/08/22 18:52:17時点 Amazon調べ-詳細)

原因は複数考えられますが、多いのはこんな感じでしょうか?

  1. ブレーキのズレ
  2. ブレーキシューの摩耗
  3. ブレーキシューの硬化

1.ブレーキのズレ

単純にブレーキ本体がズレている場合があります。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥2,080
(2019/08/22 11:48:01時点 Amazon調べ-詳細)

この場合は、ブレーキのズレを修正すればOK。工賃のみで直る可能性が高いです。

2.ブレーキシューの摩耗

ブレーキシューはゴム製ですので、使っていると削れていき、最終的にはなくなってしまいます。

ゴムが減ったり、なくなったりしてしまうと、当然ですが摩擦時に異音が…

さらに自転車を止めるパワーも著しく落ちますので、全然止まらなくなってしまいます。

実際に「ブレーキシューがなくなっている」自転車もチラホラ… 見かけちゃうんですよね、これが。

こうなるとブレーキシューの交換しかありません。

ブレーキがない状態で長く乗っていると、ホイール自体が削れちゃっているかも!?

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥10,644
(2019/08/22 18:52:17時点 Amazon調べ-詳細)

こうなると、ブレーキだけの問題じゃない。ホイールも交換です…

重症化する前に、早めの交換をおススメします。

片減りの可能性も…

ブレーキシューは全体的に減っているのではなく、片減りしていることもあります。

シューがおかしな形に摩耗していると、ホイールとの接触がうまくいかなくなって、やっぱり異音の原因に!

ある程度までならブレーキシューの加工で解決できますが、減りが激しいとやっぱりシューの交換です。

3.ブレーキシューの硬化

摩耗で減っていなくても、ゴムが硬化しちゃっていることもあります。

というか、このパターンが一番多いかもしれません。

「しばらく乗っていない」「あんまり乗っていない」場合でも、年月によってゴムは容赦なく硬化します。

最初は弾力があったゴムパーツが石のように硬くなり、「ホイールを挟み込んで止める」のではなく、「石でホイールを削って止める」状態になってしまうのです。

こうなると当然ですが、異音もしますし、ブレーキ性能も落ちてしまいます。

こちらもやっぱり、ブレーキシューの交換っていう案件です。

石みたいに硬いゴムでホイールを削りますので、やっぱりホイールがダメになってしまう可能性も。だからやっぱり早く対応を!

ブレーキの異音を放置するとどうなる?

ブレーキ異音を放置すると、こんな大問題が

  1. ブレーキが効かない!
  2. 放置によって重症化、周囲にも悪影響が
  3. 危険な運転がクセになっちゃう?

自転車の不具合は、放置していても改善はしません。むしろどんどん悪くなっちゃう。

自転車は「歯」と同じ! 定期メンテが将来大きな差になります 寒い時期にメンテはいかが? だんだん寒くなってきました! とくに彦根のある湖東地域や、もう少し北の湖北地域は、これか...

だから早めに点検・メンテ・修理をおススメします。

1.ブレーキが効かない!

異音がしている状態だと、単純にブレーキの効きが悪いことが多いです。

いざという時に、的確にストップできるように!

早いうちに調整・修理してください。

2.放置によって重症化、周囲にも悪影響が

先にも書きましたが、自転車の不具合は放置しておいても良くはなりません。

むしろ悪くなる一方。

ブレーキシューだけでなく、ホイールやタイヤにダメージが及んでしまうケースも。

「ブレーキシュー交換」だけで済んだはずが、ホイール交換、タイヤ交換… 

重大事案に発展してしまわないように、対策は早めに!

3.危険な運転がクセになっちゃう?

実はここが一番の問題かも!? と思う、乗りグセ

ブレーキの異音。つまり、ブレーキをかけるたびに「キキーッ」と大きな音。

こういう自転車に乗っていると、ブレーキをかけるのが嫌になりませんか?

「うるさい」「迷惑」「恥ずかしい」… いろんなマイナス感情が沸いて、ついブレーキをできるだけかけない運転になる。そんなケース。

実はマネージャ雅も、その昔、中学時代にそんな自転車に無理やり乗っていたことがあります。ブレーキをかけるとうるさいし、夜遅いと迷惑になる。だったら?

考えて選んだのが「足で止める」というバカな手段。足でスピードを調節し、止まっているうちに。。。 靴に穴が開きました。

こんな運転は危険です。怪しいクセがついてしまう前に、修理していただきたく。

ブレーキ異音の解決策は?

自転車店で修理・メンテ

解決策は、ブレーキシュー、もしくはブレーキの交換です。

速やかに自転車店へ! よろしくお願いします。

油をさす

ときどき「異音がするんだから油をさせばいい」と考える人がいますが…

ブレーキとは、「ゴムの部品で車輪を挟んで、威力を殺して止める」構造。

油なんかさしたら、威力を殺す部分を弱めてしまいます。異音はなくなるかもしれませんが…

ブレーキも効かなくなっちゃいますから、オイルは使わないでくださいね。

自分では気づかないことも…

ブレーキの異音は、ある日突然出てくるわけでもありません。

じわっと、徐々に悪くなる。だから乗っている本人はあまり気にしていないこともあります。

特にご家族の自転車が異音を発していたら… 注意してあげるようにしてくださいね。

ABOUT ME
侍サイクル
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる。。。 そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。