サイクリング

こんなご時世だから? e-bikeではじめてのビワイチ!

e-bikeでビワイチ

「こんなご時世だから」と言い始めてから、いい加減長い

「こんなご時世」をできるだけマイナスに考えず、「こんなご時世」を楽しく遊ぼう! と少しばかり考えてチャレンジしたのが「ビワイチ

びわ湖の北側をグルリと走り、琵琶湖大橋を渡って帰る全150kmのプチ冒険。新しく手に入れた素敵な相棒「e-bike」でビワイチにチャレンジだ! 

ということで、2021年春に行ってきた「ビワイチ」の様子を、マネジャー雅の個人的なお話も散りばめつつ

体力がなくてもe-bikeなら

滋賀に住み、自転車を趣味(仕事?)にしつつも、これまで「ビワイチ」していなかったのは雑に言うと「体力がない」から。1日2日で150kmも走れると思わず、チャレンジする気はなかった

ビワイチ

e-bikeなら大丈夫!?

でもe-bikeに乗るようになって意識が変わる

これまで60kmくらい走ったらヘトヘトだったのに、「60~70kmくらいなら結構平気」になったから。しかも普段からのんびり時速15~18kmくらいで走っていた自分が、同じくらいの気分で漕ぐと時速18~22kmくらいで走れる。つまり同じ距離を走るとしたら、早く到着できるってこと

予定としてはこんな感じ。朝8時頃、自宅のある滋賀彦根を出発。暗くなるまでに100kmほど走り、大津の「おごと温泉」という温泉地で癒やされつつ1泊。

次の日は残り50kmを走って家に戻るというスケジュール。2日目が少なめなのは「絶対疲れが残っている」からだし、50km程度なら何度も走っているから、アンパイだってこと。しかもおごと温泉までは以前にも走ったことがある。一度走った道ならさらに安心。

このご時世でも「自転車」なら

家族2人で自転車なら、密になることもないし、濃厚接触もない

お宿も空いているみたいだし、この機会にビワイチはありかも?

そう考えて準備開始。少し前からe-bikeにも、ちょっと長距離にも慣れるため、普段の走行距離を少しずつ増やし、装備の準備も整える

4月7日(水)8日(木)の休暇が2日連続でいいお天気なのを知り「この日にしよう!」とホテルも予約。溜まっていた仕事をなんとか片付けつつその日に備えた

いいお天気のなか「ビワイチ」スタート

ビワイチ 桜

自転車に荷物を積み、e-bikeなのでもちろん充電器も持ってスタート

朝のうちは寒くて風も強かったけど、いいお天気

正直途中までは走ったことがあるし、道も知っている。

しかも「ビワイチ」ルートには青いラインも引かれているので、これに沿って走ればいい。

のんびりのんびり走るんだ

ビワイチ 賤ヶ岳

びわ湖沿いだったり、そうでもなかったり

民家がたくさんだったり、そうでもなかったり

150kmもあるとさすがに風景もさまざま。名残の桜を愛でたりもしつつ、順調に進む。初日の目標は100kmだから、途中で休憩など挟むと8時間ほど?

結構な長丁場をときに写真や動画を撮りつつ、たまに座って休憩しつつ進む

疲れはあるけど、意外と楽しい

ビワイチ 賤ヶ岳

長く自転車を漕いでいるとやっぱり疲れる

同じ姿勢を続けるので肩や背中も痛くなるし、ずっとサドルに座っているので、お尻も痛い。ある程度予想していたし、予想の範囲内だけど…

でもやっぱり疲れるね。

とはいいつつも「楽しい」が勝っているのでサイクリング自体はすごく快適。ぐいぐい進むと風景も変わるし、e-bikeに搭載されているスピードメータの「積算距離」がぐんぐん増えていくのも楽しい

思っているよりも快調に。でも休憩というかビワイチグルメタイムも長いので、ゆっくり時間は進みつつ「彦根 → 米原 → 長浜 → 高島 → 大津」と走り抜けていく

ビワイチグルメも堪能だ

せっかくだからビワイチグルメも堪能しないと! せっかくなので「ビワイチらしいもの」を食べるぜ! と気合を入れて

「COMEDY」さんの鹿バーガー

朝ごはんは、滋賀長浜・西浅井の道の駅「あぢかまの里」で。ここは鴨や鮒ずしなど、湖北の味が楽しめる

鹿バーガー

ハンバーガー屋「COMEDY」さんの名物は鹿バーガー。鹿はお店の方が獲ってきた長浜の鹿らしい。野性味ある味わいの鹿肉たっぷり

「白ひげ食堂」さんの名物「豚汁うどん」

ランチは滋賀高島・白鬚神社 さんのすぐ近くの「白ひげ食堂」さんの名物「豚汁うどん」

ビワイチ 豚汁うどん

豚肉たっぷりの豚汁に、うどんが入ってる… んだけど、これが想像以上に美味しくて。そろそろかなり疲れてきた身体に染み込む感じ

七味をたっぷりかけて食べるのもまた素敵
ビワイチ 白ひげ食堂

うどんだけじゃなくてラーメンもあり、辛いのもあり。そして「おでん」がまた旨いらしい。次回はおでん食べる!

ビワイチ 豚汁ラーメン

「駅長さん」のおはぎも

以前から食べたかった「駅長さん」のおはぎも買った。これはお宿についてからいただきました。

小豆たっぷりの素朴な味。また買いに行きたいなぁ

90kmほど地点でトラブル(?)発生

ビワイチ 風車村

順調に走っていたんだけど、90kmくらいの地点でトラブル発生

バッテリが切れたーーーー

e-bikeのバッテリが切れた! 自分のじゃなくて店主メカタの乗ってるのが…

このバッテリ、本当は100kmくらいもつもの。もちろん「満充電」ならという条件付き

前日の準備に怠りがあり、当日朝に急いで充電した結果途中までしか充電できず。でも「まぁ仕方ない。なんとかなるでしょ」とビワイチ決行したためのトラブル

しかも荷物も2人分満載しているからさらに! トンネルも多くてライトを点灯することも多かったしね

満充電超大事です

ビワイチ 白鬚神社

バッテリが切れても自転車自体の性能がいいので、平地は平気(らしい)。でも上り坂になると車体重量20kg以上に加えて、2人分の荷物満載だから地獄! という感じ

残り行程は宿までの20kmほど。休憩を多く入れつつ、巡航速度も遅くしつつ、なんとかお宿を目指す。

ちなみにもう1台の満充電していた方の車体は110km走ってもまだまだ充電は十分だったから、「満充電」大事

17時頃「往路」終了

ビワイチ あがりゃんせ

17時頃、予定より少し遅めにお宿に到着

疲れを癒やすために温泉施設「あがりゃんせ」と直結の「ことゆう」さんに宿泊。この後、しっかり充電しつつ温泉三昧、サウナ三昧をキめた

復路はちょっと急いで

翌日。

残り距離は50kmほどなので、のんびり帰ればいいはずなんだけど、空模様が少しばかり怪しいか?

昼からの雨予報が…

ビワイチ 琵琶湖大橋

この日も、もうひとっ風呂、温泉施設を堪能したい気もしたけれど… 「昼から通り雨」「ところにより雷雨」などの予報が

雨はサイクリングの天敵なので早めに帰ることに

8時にチェックアウトして、でものんびり彦根へ

お昼過ぎにビワイチ達成

ビワイチ 鮎家のさと

風もあまりなく、お天気も良くて暑いくらい

途中でアイスを食べたりしつつ、12時頃彦根到着。

たくさん走る人なら「たいしたことない」だろうけど、自分にしては初の150km、初のビワイチ。2021年春の大きなチャレンジだった

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる。。。 そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。