MENU
初心者さん聞いて!!

「冬は乗らない」なら、冬ごもり準備はしっかりと!

12月になりました

寒い時期、「自転車には乗らない」という方も増えてくるのではないでしょうか?

彦根は雪も降りますが、冬場はとにかくずっと雨。そうでなくても厚い雲に覆われて、晴れ間が出る日は本当にマレです。自転車乗りさんにとって、そしてもちろん自転車店にとっても、厳しい季節。

こんな季節が数ヶ月続いたりするんですよね…

なので、湖北や湖東の方は「冬場は自転車に乗らない」って人も多いです。そろそろ自転車も冬ごもりの季節ってことですかね?

クマが冬ごもりするのに準備が必要なように、自転車の冬ごもりにも準備が必要! 今回は冬ごもり準備についてご紹介します。

タイヤの劣化に気をつけて

まずはタイヤ。タイヤに空気が入っていない状態で放置すると、タイヤが傷みます。紫外線も大敵です。

乗ってないのに傷んじゃうなんて残念ですよね。ですから、タイヤを守ってあげましょう。

ひとつは「日に当てない」こと。紫外線カットは大事です。できれば室内の日の当たらない場所がベストなのですが…… なかなかむずかしいですので、そこはおまかせします。「紫外線を避ける」という原則だけ念頭に。

もしパンクしている場合は、今すぐ修理を。「春になったら直す」って人も多いのですが、「パンクしている=空気が入っていない」ですよね? 放置しているとタイヤが傷んじゃいます。今乗らなくても先にパンク修理しておきましょう。

自転車は乗らなくてもじわっと空気が抜けていきます。数ヶ月乗らない場合は、途中でタイヤをチェックして、減っているようなら空気を足すのもポイントです。

タイヤが地面に触れないように保管できればそれが一番。タイヤにかかる自重が減りますから。ラックなどを使っている人はおおいに活用してください。

サビ対策は万全に

サビ対策も大事です。

どうしても使っていないと錆びちゃうことがあります。ある程度は仕方ないですが、できるだけ予防したいですよね?

まずは雨風に当たらない場所を確保しましょう。どうしても屋外に停める場合は、カバーなどをかけて少しでも雨風を避けてください。カバーをかけっぱなしにしていると、内側に湿気が溜まってしまうことがありますので、時々空気を入れ替えましょう。

室内に保管していても、寒い場所だと結露で濡れてしまうこともあります。車庫や玄関などの寒い場所に置く場合は、結露に注意して、濡れているようなら拭くようにしてくださいね。

錆びを予防するには、錆止めも大事。自転車用の錆止め剤を使う方向性ももありますが、油を差しておくのも重要なポイント。「乗る前に注油しよう」じゃなくて、「保管する前に注油しよう」と思っていただけると、愛車の劣化が防げます。

注油に使うケミカルは自転車店で! あんまり悪い油を使うとかえって… なことも多いです。面倒な方は、自転車店に持ち込んで全部おまかせしちゃってください。

メンテやクリーニングをしっかり

冬ごもり前、乗らない間にメンテに精を出すのもひとつの方法。

あったかくなって「いざ乗ろう!」となったときに困らないように、寒い間にメンテやオーバーホールを済ませておいてください。この時期なら、多少時間がかかっても特に問題ありませんが、あったかくなってからメンテに時間がかかっちゃうのは残念。

「冬はお手入れ期間」と割り切って、じっくりメンテやクリーニングに励んでください。

面倒な人は「お店におまかせ」で全部やってもらうのもいいんじゃないでしょうか? しっかりメンテして、愛車をピカピカにして、もちろん注油もしっかりしてもらって… なんならワックスとかもかけちゃいますか? そこまで完璧に仕上げて、あとはのんびり春を待つ… そんなのもアリだと思います。

まとめ

ともかく!

冬ごもり前に

● タイヤの劣化
● サビ対策
● メンテやクリーニング

この3点、よろしくお願いします

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。