カスタム・ドレスアップ

「ドロップハンドルをやめる!」 GIOSのツーリングモデルをカスタム

カスタムバイシクル GIOS

ドロップハンドルをやめたい」というご希望

実は結構あるカスタムです。

「新しいロードを買ったので旧車を日常使いしやすくしたい」だったり、「前傾姿勢がしんどいのでフラットなハンドルにしたい」だったり

そんなカスタムも、もちろん喜んで!

反対に「ドロップハンドルにしたい」というのもありますが、実はこれって結構予算を潤沢にしていただかないといけません。それに比べると、「フラットなハンドルにする」方が、気軽かもしれません

ドロップハンドル → 乗りやすい形状へ

カスタムバイシクル GIOS

今回のカスタム

一番劇的な変化は、やっぱりハンドル

ハンドル形状はどうしよう?

ドロップハンドルをやめて、普通のハンドルに」というご依頼でしたが

「せっかくなので、できるだけ乗りやすいハンドルを探しましょう!」ということで、いろんなハンドルを見ながらご相談。

  • 真っ直ぐなの
  • ちょっと内側にカーブしているの
  • ブルホーンみたいに前に伸びているの

ハンドルっていろんなタイプがあります

しかも「乗りやすさ」という点ではすごく大事な部分。だからこそ妥協せずに選びたいもの

すごく高価なものもありますが、リーズナブルなものもたくさんありますので、あれこれ考えてお好みを選び取ってください

今回は、乗る時の姿勢をできるだけラクにを意識して、内側にスイープしたタイプをチョイス。

グリップにもこだわりを

ハンドルが決まったらグリップ選びも大事です

素手で触ることもある部分なので、ここもこだわって決めたいもの

愛車はジオスブルーに、ホワイトのロゴが効いているデザイン

サドルもホワイトだし
以前のハンドルに巻かれていたバーテープもホワイトだし…

ということで、グリップもホワイト

握りやすく、力が入りやすいようにエルゴノミクス形状のもの。

ハンドル+グリップで、乗車姿勢がグッと楽になるはずです

消耗品にも気をつけて

自転車の消耗品、実はいろいろあります

使っているうちに減っていくものもありますし、経年劣化もしてきます

お手入れ具合によって悪くなっちゃうものや部分もたくさん

タイヤやブレーキ周り
チェーンやワイヤなどなど

そんな消耗品の更新も大事なカスタム

今回はタイヤにグラベルキングを選んでいただきました

カスタムバイシクル GIOS

カラーは限定色の「パンジー

車体色とも合ってて、よりカッコよくなったんじゃない? みたいな感想をいただきました

無事に完成!

店内がごちゃごちゃしていてわかりにくいですが

愛車のカスタム完成!

カスタムバイシクル GIOS

これまで以上に楽しく乗ってくださると嬉しいです

BROMPTONカスタム
BROMPTON(ブロンプトン)をより日常使いカスタム「使い勝手のいい日常車」へそこそこ長く乗っておられるBROMPTONを「手間がかからない日常車」にカスタム 災害時にも活躍しそう(!?)な1台になりました。...
自転車カスタム GIANT ESCAPE R3
お客様のカスタムバイク GIANT「ESCAPE R3」乗りやすいクロスバイクをということで、GIANTの「ESCAPE R3」を選ばれたお客様。 さらに乗りやすく、日常生活に溶け込むよ...
カスタム自転車 Bless CCB
お客様のカスタムバイク Bless Bike『CCB』侍サイクルでBless Bikeの『CCB』を購入されたお客様が「自作のタンクプレートが完成したよ」と見せに来てくださいました! ...
ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる。。。 そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。