見て見て 自慢の愛車

懐かしくて新しいツーリングスタイル「MASI」を侍サイクルカスタム

MASIカスタム

旅をするために作られた自転車ランドナー

その佇まいに憧れて「乗りたい」という方もは根強くいます。しかし昔懐かしい「これぞランドナー!」というものは少なくなり、新たな旅自転車スタイルも生まれています。

今回は「MASI」の自転車をカスタム。実車は店頭でご覧ください

2021年11月21日にご成約済となりました

この車体は廃番モデルですが、似たようなカスタムは可能ですので、気になった方はご相談ください

MASIの「SPECIALE RANDONNEUR ELITE」

カスタムベースはMASIの「SPECIALE RANDONNEUR ELITE」

SPECIALE RANDONNEUR ELITE」という名前の通り、ランドナーを意識したモデル。ドロップハンドルに太めのタイヤ、ハブダイナモライトと泥除けも標準装備。さらに荷物をたくさん乗せられるように、キャリア取り付け用の「ダボ穴」も多数設けられています。

ノーマルのままでも、長距離をのんびり走るのに向いた構成。

荷物をしっかり詰めるようにカスタムしていけば、宿泊を伴うような「自転車旅」にもしっかり対応という内容です。

今回はあっちにも、こっちにもたっぷりバッグをつけていきます

懐かしくて新しいツーリングスタイル

カスタムのテーマは「懐かしくて新しいツーリングスタイル」。雰囲気はレトロに、機能は今風という「いいところどり」の布陣です。自転車本体は今風ですが、ちょっと懐かしい感じのバッグを追加していくことで、あの頃みたいな「ランドナー」の風情を追加していきましょう。

MASIカスタム全体

完成したカスタムはこんな感じ。3箇所にバッグを装着して、荷物をガッツリ詰めるようにしました。

その他も実は結構細かくカスタムしていたりします。実車は店頭にありますので、細かな部分は店頭でご確認を。もちろん試乗もOKです

フロントスタイル

MASIカスタム フロント

大きめのフロントバッグとサイドバッグ2個は安心のオーストリッチ

この3つのバッグだけでもかなり荷物が入ります。

ハブダイナモライトも変更。より明るく、幻惑させにくいライトに変えました。これで長距離移動中に夜になってしまった時でも安心です。

バックスタイル

MASIカスタム バック

大きなサドルバッグはキャラダイス。こちらもしっかり荷物を運んでくれます

見えにくいですが、ペダルは店主メカタが溺愛するMKS(三ヶ島製作所)の「GAMMA

created by Rinker
ミカシマ(MKS)
¥4,575
(2022/05/19 03:28:55時点 Amazon調べ-詳細)

MKSさんのペダルについてはコチラもどうぞ

MKS万歳
「MKS(三ヶ島製作所)」ペダル万歳! 店主メカタの”オススメ”ペダル侍サイクルが愛してやまない「MKS(三ヶ島製作所)」さん。 シンプルでいてカッコいい、もちろん使い心地や能力も高い。そんなペダルを...

そして実はクランクも105に変更。他のコンポが105なので、ここでも105をチョイス。全体的な調和も出てきた気がします。

サドルも好みが出る部分ですので、こちらも店主メカタが好きなものに変更。BROOKSの「Cambium C15 Carved All Weather」。シートポストはこっそりTHOMSONに変えました。

created by Rinker
ブルックス(Brooks)
¥13,662
(2022/05/19 15:38:07時点 Amazon調べ-詳細)

気になる方は店頭へ

ガッツリ「ランドナー」を! という方には、そういう選択肢ももちろんあります。丸石さんのエンペラーは現役ですので、まさに「あの頃」の自転車にも乗れます

でも、あの頃テイストを取り入れつつ、機能は今どきというのもいい! と思うなら、この「懐かしくて新しいツーリングスタイル」も、一度ご覧くださいね。

観て、走ると、「あ、いい」と思う方も多そう。のんびりと「自分らしいペースで」走りたいあなたにこそオススメ。いろんな面で余裕のある、本当の意味での大人向けスタイルかもしれません。

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。