初心者さん聞いて!!

自転車が「フレてる」ってどういうこと?

自転車の「フレ」って何

年に1回近くの大学で自転車点検をさせてもらっています。

今年の点検で多かったのは「車輪のフレ」。だったんですが… なかなか説明が難しい。

フレとは何か? 原因は? どうして悪いの? なんてお話を。

ちなみに、「フレ」というのは車輪の歪みのこと。そのまま放置すると自転車が傷みますし、走るにもエネルギーロスになります。

だから早く直すべし! なんです。

自転車点検会で気になった「フレ」

近くの大学での自転車点検も、2018年で4回目。

毎回たくさんの自転車を点検してます。今年は70台! がんばりました。

過去の様子はこちらから

自転車の出張点検してきました! 年に1度は点検&メンテ! よろしくお願いします 2016年10月27日(木)、滋賀県立大学さんで、自転車の出張点検をしてきました。 去年に続いて2回目の実施。対象は学生さ...
ママチャリこそコマメなメンテを
シティサイクル(ママチャリ)にこそ、コマメなメンテを! ポイントは3つついつい後回しになりがちな、シティサイクル(ママチャリ)のメンテナンス。 しかしシティサイクルこそコマメにメンテしていただきたい!...

まぁ「空気入れよう」「チェーンサビサビやで」「ワイヤも錆びてるよ」などなど、言いたいことはだいたい同じ。

なのですが、今年特に目立ったトラブルはホイール(車輪)のフレでした。

「フレ」とは何か?

ホイール(車輪)のフレについて、できるだけカンタンに。

フレとは、本来まっすぐ回転するはずの車輪がゆがんでしまった状態のこと。

本来であれば、車輪はバランスが取れているはず。だから真っ直ぐ回るのですが、そのバランスが何らかの原因で狂ってしまった状態。

自転車をちょっと持ち上げてホイールを回してみるとよくわかりますが、フレている場合は車輪が真っ直ぐ回らず、蛇行したような状態になります。

「フレ」の原因は?

原因はいろいろありますが、主に2つ

  1. 外側からのダメージ
  2. 乗っているうちに起こるゆるみ

1.外側からのダメージ

事故にあったり、自転車が転倒した場合、ホイールにダメージが及んで、フレに繋がることがあります。

自分で倒した、事故った覚えがなくても、知らない間に倒されていることもあります。だから油断は禁物。

ホイール自体が曲がってしまっている場合は、ホイールを交換
スポーク(車輪の棒)が折れてしまった場合は、スポーク交換

軽度の場合は、調整で直る場合もあります。

2.乗っているうちに起こるゆるみ

自転車に乗っていると、徐々にニップル(スポークの付け根…)にゆるみが生じます

ですから、特に理由や原因がなくても、乗っているとじわじわっとフレてきてしまうのです。

ホイールがフレたらどうする?

程度が軽度なら修正・調整でなんとかなります。この修正作業は「フレ取り」なんて呼んでいます。

侍サイクルではこんな工具を使って修正しています。

自転車店に持っていってもよし、工具を揃えて頑張ってみるもよし!

フレているまま放置すると?

フレたままでも別に問題ないでしょ

そんな声もありましたが、そのまま放置してしまうと不具合が!

早めの修正・修理をオススメします。

  1. エネルギーロス
  2. 乗り心地が悪くなる
  3. 愛車の寿命が縮む

1.エネルギーロス

真っ直ぐ走る能力が低くなっていますから、当然軽快には走れません。

いつもと同じパワーで漕いでもなかなか進まないってことです。

2.乗り心地が悪くなる

これも同じ。

ホイールが蛇行しているような状態ですから、乗り心地が悪くなります。

気持ちよく愛車に乗るためにも、フレ取りは必須ってことです。

3.愛車の寿命が縮む

フレたまま自転車に乗っていると、部品が早く消耗する可能性があります。

また「フレている=スポークが折れやすい・すでに折れている」可能性も高いです。そのまま乗っていると、どんどんスポークが折れていく可能性も。

つまりホイール自体がじわっとダメになっていかもしれないってこと。ホイール全交換となると、お値段も手間もグッとアップしてしまいます

虫歯を早めに処置するように、フレも早めに対応しておけば、愛車の寿命も伸びますし、修理費用も安くあがります

まとめ

フレはなかなかわからないかもしれませんが

自転車店で「フレてますよ」と言われた場合や、「ホイールがなんだかおかしい」と思った場合は、早めにフレ取りしておきましょう

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。