サイクルアパレル

汗をかいてもサラッと快適! 自転車侍にもオススメ「ミレー ドライナミックメッシュインナー」

自転車侍
侍サイクル
侍サイクル
暑い時期はミレーのドライナミックメッシュが最高!

そんなお話。

ドライナミックメッシュが最高

汗かきさんも、そうでもない人も、夏に身体を動かすときは、メッシュのインナーがオススメです。

ドライナミックメッシュとは?

メッシュのインナーっていうのはこんなの。

実際着てみると?

実際に着てみるとこんな感じ。鎖帷子チックな見た目。えー… まぁスケスケですし、いろいろ見え見えだったりしますので、着用しているところは腕くらいしかお見せできませんが…

ドライナミックメッシュ

メッシュインナーってどういいの?

汗をかくと疲れます

暑くなってくると、汗をかきますよね? 自転車を楽しむのも汗との戦いです。汗をかくと、こんなコンボが発生します。

肌が濡れる → 汗で冷える → 疲れる

汗で冷えると疲れるのは… 冷えて血流が悪くなるからだったり、下がった体温を戻そうとして余計なパワーを使うからだったりするようです。

回避するには濡れないこと

このコンボを断ち切るには汗をかいた後に、濡れないようにするのがポイント。

ドライナミックメッシュを着て、その上に吸汗速乾素材のウェアを着ましょう

服が濡れずにいつでもサラサラ。肌は乾いたままですから、冷えにくく、疲れにくいんです。

夏のお話をしていますが、冬でも汗ってかきますから、やっぱりこのインナーを着ると冷えが軽減されますし、疲れも少しは変わってくるはず。

ポイントは?

身体にフィットしたウェアを選ぶこと

ドライナミックメッシュはS/Mと、L/XLの2サイズ。店主メカタはL/XLを着ています。

かなり伸びますので、フィットしやすいとのこと。その上に着るウェアもフィットするものを選んでくださいね。

こんな人にオススメ

自転車に乗るなど、運動する時に着るのはもちろんですが、そうじゃないときにもお役立ち。

とくに甲冑を着るときには相当にオススメだそう!

甲冑を着るなら?

侍サイクル
侍サイクル
甲冑の下に「ミレー ドライナミックメッシュインナー」を着たんですけど、めちゃめちゃ快適で爽やか! 胴の内側も全然蒸れない

とのこと。しかも……

侍サイクル
侍サイクル
消臭効果もあるうえに、自転車店でも買えるんです! 鎖帷子チックな見た目だから、甲冑とのコーデもバッチリ

なんですって…

侍サイクル
侍サイクル
甲冑を着て自転車に乗るすべての方々に伝われ~!

って、言っておりますが…

甲冑で自転車に乗る人なんて、いないでしょ
全世界で数名いればいいんじゃない?

そんなツッコミがありそうな…

でも、実は侍サイクルが把握しているだけで「甲冑で自転車に乗る人」は5人(!)いらしたりして。

そう思うと、全国にはもっとたくさんいらっしゃるんじゃ? そういえば、以前関ヶ原にいらした武将隊も、移動は自転車だったそうですよ。そう思うと、意外と多いのかも!?

野外活動をする人に

いやまぁ、自転車に乗る人、甲冑を着る人、さらにいろいろ野外で活動する人はみんな!?

このインナーを着ると、汗の不快感と冷え、疲れが軽減されます! この夏を乗り切るためにドライナミックメッシュ、試してみませんか?

真夏のイベントには注意が必要! 熱中症にならないために、準備は万端ですか??この夏、各地で自転車のイベントが企画されています。侍サイクルのある滋賀県でも、この週末にロングライドイベントがあるようです。 イベ...
夏サイクリング! 冷たいドリンクでリフレッシュしませんか? 夏本番!? 暑い季節がやってきました! 夏場のサイクリングは「水分補給」が必須です サイクリングの際には、夏対策… ...
もはやジョーシキ!? 夏サイクリングの必須アイテム「日焼け止め」 紫外線がどんどん強くなっているこの時期、今年こそ日焼け対策、いかがですか? なお話。 日焼けはデメリットがたくさん ...
キャメルバック「ポディウム」シリーズから、保冷保温できる「ポディウム アイス 21oz」が登場 一番人気のボトル、キャメルバックの「ポディウム」シリーズ。このシリーズに、新しい仲間が増えました。 その名も「ポディウム ...
ABOUT ME
侍サイクル
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる。。。 そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。