ライト類

明るく防水バッチリ! しかもお安い! LIGHT&MOTIONのライトはいいぞ

Light&Motion(ライトアンドモーション)

夜間走行… いや昼間の走行にだって欠かせないのがライトです。

侍サイクル
侍サイクル
夜走らない人でもライトは必須だし、できれば明るいライトがいいですよ

そんなお話。

夜走らなくてもライトは必須!

侍サイクルライト売り場

ライトの種類はたくさんありますし、お値段も千差万別。ですが、ものすごく乱暴に言い切ると「明るいと高い」って感じ。

昼しか走らないからライトは必要ないんだけど…
夜までに帰るから、そんなに明るくなくてもいいよね?

こんな話もありますが… やっぱりライトは必要。できることなら明るいのがいい! 

  • 予定通りに帰れない
  • どうしても夜出かけなきゃなんない
  • まだ薄暗い朝のうちから走りたい
  • 急に天気が悪くなって真っ暗になった
  • トンネルの中を通過する
  • 日が差さない林道などを通る

こんなときにも、明るいライトは助かります

LIGHT&MOTIONのURBAN500はいいぞ

ってことで、ようやく本題。LIGHT&MOTIONのライト、なかでも「URBAN500」はいいぞ! ってお話です。

Light&Motion(ライトアンドモーション)URBAN500

以前から売ってはいましたし、侍サイクルの店頭にもあったのですが! 今回ぐっとお値打ちになりました。

500ルーメンで、防水でこのお値段?

みたいなね。

だから今まで

いいんだけどお値段が…

って思っていた方はご注目です。

先に少々お詫びを。写真のURBAN500は店主メカタの私物、旧モデルですのでもうこのカラー(ブルー)はありません。すみません!

現行カラーは、ブラック、ホワイト、イエローの3色です

他にもルーメンが上のものや、外部電源からの給電がOKのモデルなど多彩なラインナップ。

 → LIGHT&MOTION

URBAN500はどうすごい?

メーカのPRはこんな感じ

  1. 高輝度サイドマーカー搭載で横方向からの視認性を大幅に向上
  2. 潜水用ライトメーカーならではの高い防水性能
  3. アメリカ国内の自社施設にて製造し、品質管理を徹底

高輝度サイドマーカー

(1)はこんな感じ。光らせてみるとすごく明るいんですが、横が黄色く光っているのわかりますか?

Light&Motion(ライトアンドモーション)URBAN500 店頭

この光で横方向にもアピールします!

高い防水性能

(2)はこういうこと。水没させたって全然大丈夫! 

水中で使う… のは推奨しないと思いますが、多少水没したって平気。

大雨の日でも安心です。

他にも嬉しいポイントたくさん

さらにこんな嬉しいポイントが!

  • サイズがコンパクト
  • 500ルーメンと明るい
  • お値段控えめ
  • 耐衝撃性に優れたボディ
  • 耐塵防水規格

長時間乗る人には?

長時間乗るなら? 「RANDO500」もオススメです

ポイントはここ

  • ハイモード:3h(500ルーメン)
  • ミドルモード:6h(250ルーメン)
  • ローモード:12h(125ルーメン)
  • パルスモード:18h
  • 充電時間:6h(1Aにて充電時)

ローモードで12時間使えるっていいじゃないですか! 

ってことで、あらためてLIGHT&MOTIONのライトはいいぞ!

なかでもやっぱりURBAN500! オススメです。

あわせて読みたい
DEN-Qタイトル
歩行者の時だって明るいライトは必要です! CROPS「DEN-Q」夜道を自転車で走る時に、明るいライトが必要! なのは最早常識です。 が! 夜道を歩くときもライト持ちませんか? ってお話。 ...
あわせて読みたい
夜ライド 「観る方向を照らしたい」「手元を明るくしたい」って需要に、こんなグッズを 店主メカタが手に持っているライト。これからの季節に活躍するかも! なアイテムです。 秋はすぐ暗くなりますからねー。夜道を走...
あわせて読みたい
秋の夜長の必須アイテム「リアライト」 こんなリアライトもオススメ 秋の夜長は「リアライト」必須で 秋ですね。だんだん日が短くなってきました。 ってことで、この季節にマストで手に入...
あわせて読みたい
ミニマムなくらいシンプルなライト RINDOWの「Bullet Lighting」がやってきましたクロモリの自転車にあわせてほしい、シンプルなライトがやってきました。 RINDOWの「Bullet Lighting」がやってきま...
ABOUT ME
侍サイクル
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる。。。 そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。