自転車の主張

「速く」「長く」「上手に」だけが スポーツ自転車じゃない! もっといろいろ楽しみましょう

「速く」「長く」「上手に」だけが スポーツ自転車じゃない!

自転車の楽しみ方は多彩ですし、誰かに決めつけられるものではありません。

「こうしなきゃ」「こうあるべき」なんかないんです

でも、つい「こうしなきゃ」と考えて窮屈になったり、人に「こうすべき」を押し付けちゃったり。

自転車はもっと自由で楽しいくていいんだよ! そんなお話。

自転車をどう使う?

自転車は、どんなふうに使いますか?

「自転車がほしい」。そうお聞きした時に、まずお聞きする質問です。

「ロードバイクがほしい」
「クロスバイクがいい」
「ビーチクルーザーってカッコイイよね」…

そういうのも大事ではあります。

どう使う? どう楽しむ? が大事です

でも、「どう使うのか」「どう楽しむのか」も絶対に必要。

だからまずはそこを確認します。

  • 通勤・通学を自転車でしたい
  • 友達や家族と一緒にでかけたい
  • フィットネス目的
  • カッコイイから乗ってみたい
  • 観光に持っていきたい
  • とにかく長距離乗りたい
  • 競技に使う

お聞きしてみると、実にいろんなお話が出てきます。

中身だってさまざま

さらに!

たとえば「通勤」にしたって、片道3kmくらいの方もいれば、20km以上を通勤したいって人もいる。

雪は降るのか、雨の日もジテツウするのか。

どんな服装で乗る予定なのか、荷物は運びたいのか…… そんなこんなも、じっくりお聞きしたい。

自転車選びに正解はないけど…

どの自転車を選べばいいか? という問いに正解なんてありません

でも用途によって向き不向きはあります

「その目的なら、この車種はやめたほうが…」と止めることもあります。

ご希望を叶えるのは大事ですが、もしも「安全」で「楽しく」が阻害されるなら、その自転車はオススメではなくなります

「速く」「長く」「上手に」だけがスポーツ自転車?

自転車好き

侍サイクルは、シティサイクルも扱っていますが、基本はスポーツ自転車を扱うお店です。

でも、スポーツ車だからって、用途はスポーツだけじゃありません

お買い物だって、自転車散歩だって、通勤通学だって

スポーツ自転車のほうが楽しかったり、便利だったりしますから。

「スポーツ」じゃなくなっていいんです

「スポーツ」と聞くと、ついつい目指してしまうのがこれ

  • 速く
  • 長く
  • 上手に

もちろんここを目指していくのもいい。

でも「速く」「長く」「上手に」のどれも目指さなくたって、全然構わないですし

目指さなくなって十分楽しめるのが自転車のいいところでもあります。

たとえば…

  • 時速15kmくらいでのんびり、距離も5kmまで
  • クラシックでカッコイイ愛車でお出かけ
  • 噂のカフェを自転車で訪問く
  • バリバリのMTBを街なかで乗る

スポーツ車だってそんな楽しみ方があっていい!

侍サイクルはそんな乗り方、楽しみ方も、いやもしかしたら「そういう楽しみ方こそ」推奨したいと思います。

推奨されにくい部分でもありますから、だからこそ! オススメしたいんです。

あ、もちろん「速く」「長く」「上手に」を目指すんだっていいんです。それはそれですっごくステキな楽しみ方ですから。

そこを否定する意図は全然ありません。

自転車は難しくなんてない!

要は何がいいたいのか? 自転車は難しく考えずに、ただ楽しんだらいいってことです。

もちろん、安全に、ルールやマナーを守るってのは大前提

でも、それさえできていれば、好きに遊んでいい。何がエライとか、正しいとかはないはず。

ただ、目的にあったもの、そうでないものはありますし、より快適に楽しむためのノウハウ、より楽しく遊ぶための車種選びなんてのは多少あります。

そのあたりのアドバイスは、それこそお店の得意技。アドバイスも、楽しみ方も、どんどんご提案していっちゃいますよ。

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。