MENU
自転車店とおトクに付き合う

ブランドの価値って何??? 幻想(嘘)か、それとも哲学や思想か? あなたは何にお金を出しますか?

また、商売にはなんの関係もないお話。

品質云々は関係ないし、OEMやODMが悪いなんて一切思いません。でも、幻想(嘘)を売ってきたのに? って思うんですよね…

『CYCLE SPORTS』誌のWEB記事を見て

『CYCLE SPORTS』誌のWEBにこんな記事が載りました。

 → 安井行生のロードバイク徹底評論 第6回 YONEX CARBONEX vol.1

レビュー本文よりも、その前置きの部分が気になります。

アジアの工場があらかじめ用意しているフレーム、いわゆるオープンモデルのライセンスを買い取り、ブランドロゴを貼り付けていかにも「我が社が開発しました」風のキャッチコピーを付けて作りニューモデルとして売り出す。もしくはコンセプトや販売価格だけを決め、フレーム設計は工場側に丸投げしてしまう。

自転車マスコミが爆弾を???

ついに『CYCLE SPORTS』誌、つまり自転車マスコミがこういう話をするんだなぁと、驚きます。今までさんざん、幻想?? を生む手助けをしてきたのが、マスコミじゃないの? って思うから。まぁ当たり前です。マスコミったって、広告がないと成り立ちませんし、写真だって情報だって、メーカーや代理店の協力がないと作れません。

そちらの肩をもつのは当然です。

こういうことは一部の話ではなく、有名なあのブランドでも、あちらのブランドでも、あんなブランドでも、実際にごく一般的に行われています。

だからといって、悪いわけではありませんし、品質が低いわけでもありません。ただ、「メーカーがこういう設計思想で作り上げた」とか、「職人がこういうことを考えて作ってきた」という物語を語ってきたのが、強く言い過ぎると「だましていたのでは?」となり、もう少し柔らかく言うと「隠していたのでは?」ということになるから。

自転車は『ブランドストーリー』の世界です

自転車だって工業製品なんだから、別にOEMもODMもいいじゃない! そう思うかもしれません。

でも自転車はブランドが非常に強い業界です。「そのブランドが、もしくはブランドのカリスマが作った」ところに価値を見出してきたんです。その点、服のブランドと同じ。

あのデザイナーが! デザインしたからほしいんです。でもそれが、デザイナーの弟子でも、会社の社員でもない、どこか全然知らない人がデザインしたものだったら? それを見たブランドが、「あ、これうちの商品としていいじゃん」と思って買い取り、タグだけつけて売ったとしたら? なんか「騙された」って気になりません??

日本酒も同じかもしれません。「桶買い」なんて言葉がありますが、よその酒造で作った酒を買い取って、混ぜて売るってことがある(らしい)ですよね?

でも買う人は、「●●酒造の杜氏さんがすごい」「あの酒蔵の麹がいい味を生む」と思って買っているのかもしれません。それを煽るために、広告では杜氏さんにいろいろ喋らせたり、仕込みをしているシーンを写していたとしたら? やっぱり「なんか思ってたのと違う」って思うんじゃ?

品質どうこうは別の話だけど…

何度も書きますが、品質が悪いとかじゃないんです。それは別の話。

でも今まで「公然の秘密」であり、「あんま言っちゃダメ」みたいだったものを、言っちゃうんだ! って驚きがあります。

そのうえ、「その幻想を煽っていたあなたたちが? 今、言っちゃうの?」っていうのがあります。

さらに、「どういう意図で?」ってのもあります。

元記事、ひとつのメーカーをレビューするために、今までのほとんどや、ほかの多くのメーカーを下げてません? 

もちろん知っている人は知っています。「つくってもないし、設計だってしてない」ってこと、「他所から買ってきてる」ってことも。でも! って本当にビックリします。

もしかして、「そういうのはダメ!」って言いたいんですか? 大きなメーカーやブランド、みんなが憧れているようなブランドだって、平気で買ったものに名前だけつけて売ってるじゃないですか。

買ってきたフレームなのに、「●●(職人・カリスマの名前が入る)が開発し」とか、「こういう設計思想で」って雑誌や自社のWEB、カタログに書いてあったりして。それって言い過ぎると「嘘」じゃないですか? そしてやっぱり「騙している」ってことじゃないでしょうか?

幻想(嘘)とブランドが買いたいですか??

品質はいいかどうか? は真面目に別問題です。結局乗ってみないとわからないし、乗ってみたってわからないかもしれないし。ファンライドなら、どれだって楽しいと思うんです。

じゃ、どうやって選ぶの? ってお話

もちろん幻想(嘘)とブランドを買うのもいいと思います。

でも自分たちは、哲学とか気持ちを買いたい。そうなると、真面目に自分たちでつくっている、設計思想を持ってつくっているところがいい。そう思うんです。

だからお話を聞きに行く。会社や工場を見せてもらう。そうやって、真面目に作っているところの商品を売りたいです。嘘で騙さないところがいいと思います。最終的に人と人です。侍サイクルが好んで売っている商品や自転車は、売っている人、つくっている人に惚れたものが多いです。結局はそういうことかと。

その対極にあるのが幻想(嘘)を煽る手法なんじゃないか? と思うんです。

誠意のない自転車や商品は扱いたくないと思います。少なくとも、侍サイクルではできるだけ扱わない。だって自身を持ってすすめられないじゃないですか。誰がつくってるかもわからないし。

自転車マスコミは広告屋さんです。だから本当のことしか書かないわけじゃない。だってホントなんて書けません。信じるも信じないもアナタ次第。お金をたくさん出すところをいいように書くに決まってます。だからって悪くない。あっちもコッチも商売ですから。でもアタマから信じ込むのはおすすめしません。

侍サイクルだって商売です。もちろんこのブログも商売。侍サイクルが売れるために書いてますよ。ここ重要。売れるために書いてます! 2回言いましたよ。売れるため! ダメ押しでもう1回。

だから信じるも信じないも、やっぱりアナタ次第。だから眉に唾をつけながら、読んでいただければ幸いです。

「LINE@」やってます

友だち追加大歓迎! LINEやってて、ちょっと気になる方はお気軽にどうぞ

ID : @vhx1326d

友だち追加数

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。