おすすめ自転車グッズ

あんなトコロも光らせると、カッコよくて安全性も高まっちゃう?

写真 2016-06-05 19 15 30

今回のご紹介は、店主メカタが手にしたコレ!

こんなボトルケージはいかが?

重要なのはボトルではなくて、「ボトルケージ」。

見た目はフツウなのですよ。。。 ごくフツウというか、むしろ見た目的には… な感じかもしれません。でもこれがスゴイ! 

どうすごいのか? というと、こうスゴイんです。

光るボトルケージ!

写真 2016-06-05 19 15 47

そう、光るのです。

ボトルではなくて、ボトルケージが光ってます。

ちなみにこの商品は、ボトルケージとボトルとがセットになっています。せっかく光っても、ボトルが透明じゃなかったらあんまり見えませんもんね。ほかのボトルでももちろん使えますが、透明ボトルを選んでいただくようにお願いします。

写真 2016-06-05 19 15 53 写真 2016-06-05 19 15 59

もうひとつスゴイのは、光るのは1色だけじゃないってこと。ボタン操作で、いろんな色に光らせることができますので、好みや自転車のカラーにあわせて、もしくは今日の気分で? 通天閣みたいに「明日のお天気に合わせて」なんていうのもいいかもしれません。そんな感じで、お好きな色に光らせてくださいね

ボトルが光るとどういいの?

さてさて、ボトルが光るとどういいんでしょうか?

キレイ
かっこいい
目立つ

そんな点以外、別にいいことなんかありません。

でも夜道を走るときは、「自転車がいる」と認識してもらうことが重要。相手がクルマやバイクでも、自転車や歩行者でも同じです。まずは「自転車がいる」と知らしめることです。

そのためには、とにかく光ることじゃないでしょうか? 前後のライトはもちろんですが、そうじゃない部分も光ればいいじゃない! っていう。光害になっちゃうような強い光は困るでしょうけど、そうでないなら、アチコチ光らせるのも考え方です。

「うわぁ、なんかいるぞ」と思ってもらえたら、安全が確保できる可能性がぐっと高まります。少なくとも「知らずに轢かれる」とか、「見えないから引っ掛けられる」ってことはなくなります。歩行者さんたち相手にも「見えないところから自転車が出てきて怖かった」という思いをさせなくてすみます。

ってことは、みんなが安全ってことです。

かっこ良くて安全なんだったら、アリですよね! てことで、ジョークグッズ的なものでもあり、安全グッズでもあるこのボトル&ボトルケージ。暑い季節の夜・早朝ライドにいかがでしょうか?

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。