自転車店とおトクに付き合う

お店でアレコレ話を聞かないと損じゃない? 「説明がわかりやすい」「親切丁寧な対応」も自転車店選びのポイント

RIMG1707

自転車がほしい! と思ったら、自転車店でスタッフから話を聞かないと損ですよ! ってお話。

実車やカタログだけでわかりますか?

「自転車がほしい」と思って、とりあえずショップを見に来る方が多いです。でも、正直「お店で実車やその他のモノを見て、何がわかるんだろう?」って思うのです。

買いたい自転車が絞れていて、「色を確かめたい」とか、「カタログやWEBサイトの写真ではわかりにくい部分をチェックしたい」とかならわかります。

でも、そうじゃなくてもう少しぼんやりしているなら… ショップで話を聞いたり、相談しないとわかんないんじゃないの? って。

たとえばカメラなら

たとえば、奥方が「カメラがほしい!」と考えたとします。「大衆演劇の舞台で踊っている役者さんをキレイに撮りたい」という希望。本体は小さめ、予算は5万… 10万は出せない。舞台を撮るから、動いているモノを撮るのが得意なもの。暗いところでもシャッターが速いものがいい。手ぶれ補正は必須。ここくらいまでは考えます。

で、ヨドバシカメラとか、ビックカメラとか、カメラのキタムラに行く。ずらりと並んだカメラ。コンデジ、ミラーレス、デジイチ… お値段もピンキリ、何もわかりません。いろいろ書いてありますし、パンフもありますが。。。 自分の希望を満たすものはどれなのか???? まったくわからない。

それならどうするか? といいますと、店員さんを呼んで上記の希望を伝えます。すると、目的にあったものを教えてくれる。お店ってそれがありがたいんですよね。ネットショップだと、こういう部分が「よくわからない」人には困っちゃうっていう。

とりあえず聞いてみればいいんじゃない?

自転車だって同じです。カタログや実車だけでわかる人ならそれでいいのかもしれません。でもそうじゃないなら? いろいろ聞いたほうがよくないですか? 自分では「これがベスト!」と思っていても、思いもよらない提案があって、それが実はベストだった… なんてこともあるかもしれません。

まったくわからなくても、実はよく知っていても… 説明とか、オススメとか、とりあえず聞いてみればいいんじゃない? そう思ったりもします。実車やカタログでわかった気になると損なんじゃない?? って。

「雑誌やWEB、SNSもあるから説明もオススメも要らない」という声もあるかと思います。でもみなさんに共通のオススメなんかありませんので、それってひとつの参考にしかならないんじゃ? とも思うのです。

「クロスバイクがほしい」AさんとBさん。年齢も性別も同じだったとしても、ほかの条件でオススメは絶対に変わります。だから共通のオススメなんかできません。Aさんが「●●ってすごくよかった」って思っても、それがBさんにとってのベストチョイスじゃないかもってことです。いろんなことをヒアリングして、反応を見て、お話を聞いて、自在にオススメを変えていけるのが、お店の良さなんじゃ? とも。

「考えてきます」で帰りましょう

話を聞いたからって買わないといけないわけじゃありません。もし売りつけられるなら、そんなお店はまさに地雷。絶対に逃げるが勝ちだと思います。よそのお店のことは知りませんが、売りつけてくるようなお店はないんじゃないですかね? いろいろすすめられるとプレッシャかもしれませんが、キホン「帰って考えます」って言えば、どのお店でも、どの業界でも「そうですか」ってなるはずです。

侍サイクルの場合、3回目の来店で「買います」になる方が多いです。もちろん1回目で決まる方もいらっしゃいますし、もっと回数を重ねる方も… 一番多いのは3回目なんじゃ? と。

1回目:ざくっとスポーツ自転車の説明、ジャンルの絞込(ロードか、MTBか?など)
2回目:1回目を踏まえて、ちょっと絞り込んでメーカー、車種のご相談
3回目:2回目の結果、これだ! という車種についてあれこれ

そんな感じでしょうか? 最初はスポーツ自転車はどんな種類があるの? みたいな話からはじめて、じわっと絞り込んでいく。お急ぎの理由がないならゆーーっくり悩んで、楽しく迷うのも醍醐味です。

「説明がわかりやすい」って大事

自転車店であれば、どこでも親切丁寧に何でも教えてくれるわけじゃないかもしれませんし、知識が少なかったり、ノルマのせいか偏ったモノだけをオススメしてくるお店があったりもするかもしれません。

いろんな説明や、「なぜオススメか?」って部分をよく聞いて、納得できればいいですし、そうじゃないなら他のお店に行く。それでいいと思うのです。

自転車店選びは、これから長いお付き合いになる店・人を選ぶこと。「近い」というのも大事ですし、「信頼感」も当然大切。でもそのほかに、「仲良くなれそうかどうか?」とか、「ちゃんと説明してくれて、わかりやすいかどうか?」も超・超・超! 重要だと考えています。

たとえば歯医者でも

侍サイクルはよく「自転車」を「歯」にたとえてお話しますが、自転車店選びは歯医者さんと選びと似ているなぁと思います。ある程度は家や職場から近くて通いやすいことが大切です。技術も当然重要! そして目的のサービス(ホワイトニングとか、矯正とか)がある場合はそれが提供されているか? は必須です。

そのうえで、説明が丁寧でわかりやすいか? とか、歯医者さんやスタッフさんたちの感じが良いか? 待合室の雰囲気と待ち時間、待合室に置いてある雑誌の種類… なんかも選択の条件になりませんか? そんな部分を知るためにも、とりあえず話するのがいいんじゃないかな??? とか。

まとめ

いい選択をするためにも、自転車店選びをするにも、いろいろ話をしてみるって大事です。

「仲良くなれそうかどうか?」とか、「ちゃんと説明してくれて、わかりやすいかどうか?」も考えて、長く付き合いたいお店で買ってください!

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。