初心者さん向け情報

今すぐ! お店の力を借りずに! 自分でできる! 調整で 楽・快適・速く走ろう

RIMGA1337

ほとんどの人は、自転車のサドル位置低すぎ! ってお話。

手軽でお得なカスタム! サドル位置

町を走る自転車を見ていて、いろんなことを思います。もっとこうすればいいのにって。で、その中のひとつをご紹介。

今すぐ! お店の力を借りずに! 自分でできる! 調整ですので、手軽でお得。それが「サドル位置の調整」です。

スポーツ自転車のサドル調整には六角レンチが必要ですので、「工具がなくてできない」ってこともあるかもしれませんが、シティサイクル(ママチャリ)やルック(もどき)車の多くは、工具なしで調節できますので、ちょっと動かしてみてください。

目安の高さはこのくらい

スポーツ自転車のサドル位置の目安は……

サドルに腰掛ける
ペダル位置が一番下になるところまで回す
下げたべダルにかかとを乗せる

この状態で、ひざが伸びきるくらいの高さが適正です。

ちょっとやってみてください。足、余ってません? 余っているようならサドル低すぎです。

シティサイクルの場合は、もう少し低めでもいいかもしれません。でもサドルに腰掛けて両足がべったり地面につくなら、それは確実に低すぎ。爪先立ちになるくらいでいいと思います。なので、写真の自転車は低すぎ。もっと上げたほうが快適です。

もちろん、ご年配の方や子供さんは低めがいいでしょうし、「そんなに上げたら怖い」って方は気持ち低めにされてもいい。でも上げ目にしたほうが、気持ちよく乗れますのでちょっと試してみてください。

サドルを上げるとどういいの?

サドルを上げるとどうなるのか?

っていいますと、ようは気持ちよく漕げるようになります。力がうまく使えるようになるっていうんでしょうか?

足が余っていると、スムーズに動かないし、どうしても無理が出ちゃう。だけどサドルをきちっと調整すると、足がうまく回って、力も確実にペダルに伝わる。要は「楽に、快適に、速く走れるようになる」ってことです。

よくサドルを下げすぎている若い人がいますが… なんかもったいないと思っちゃう。「それだと、しんどいでしょう?」って。だから、少しずつでいいので上げてみましょう。

上げていい限界にご注意

ただし! 気を付けていただきたいのは、シートポスト(サドルの下についている棒)には、限界があるってことです。

「ここまでしか上げちゃダメですよ」って決まりがあって、シートポストに線が入っています。それよりもサドルを高くすると、シートポストが固定しきれなくて折れたり、外れたりして危険なのです。だから、その線よりは上に出さないように注意してください。

線までぎりぎり出しても、まだ足が余るようなら… その自転車はあなたのサイズにあっていない可能性があります。シティサイクルにはサイズはありませんので、なかなか難しいですが、スポーツ自転車の場合はサイズが小さすぎる。残念ですが、大きなサイズに買い替えをお勧めします。

まとめ

ま、とにかく!

サドル上げてみませんか?

自分でできる無料の調整で、快適になるとしたらラッキー! くらいの感じで、ちょっと調整してみてください。

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる。。。 そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。