姫様サイクル(155cm未満)

小さいさんは手も小さい!? 小さいさんのグローブ選び「155cm以下専用」

155cm姫様サイクル 

自転車に乗る時つける「手袋」。「グローブ」なんて呼ばれます。

身長はグローブ選びには直接関係ないのですが、でもやっぱり「小さいさん」は手も小さい人が多い。

だからグローブ選びにも「困った」が出てくることがあります。

小さいさんのグローブ選び

侍サイクルは155cm以下の「小さいさん」を応援するお店。グローブも小さめサイズ、豊富に揃えています。

機能性、見た目、素材… いろんな角度から考えて選んでくださいね。

まずはサイズ合わせから

一番大事なのはサイズ感

手の周りもありますし、指の長さもありますし。「手のサイズ」といわれてもわからないことも多いので、実際にはめてみて選んでもらうのが一番です。いろんなサイズを試して、「しっくり来る」ものを選んでください

フィット感にも好みがありますが、あんまりピチピチだと苦しいかもしれませんし、あんまりダボダボだと動かしにくい。いろんなところが「ぴったり」なものをどうぞ。

「小さいさん」のためにXSとかXXSとか、小さめサイズが豊富なものを揃えていますが、「それでも大きい?」という方はご相談を。ジュニアサイズが豊富なメーカもありますので、そちらをご案内します

機能面も大事です

機能面」ももちろん重要。指の長さ(フルフィンガー、ハーフフィンガー、9分丈など)もありますし、季節にあわせた素材感やあたたかさもあります。

手のひら側のどこに、どの程度クッションが入っているか? も、ものすごく重要なポイントです。

その他、たとえば「スマホの操作がしやすい」とか、「マジックテープがどこについている」とかも気にして選んでください。

もちろんデザインも大事

カラーや柄など「見た目」もやっぱりすごく重要。

「これなら可愛いからいい!」と思えるものがみつかればぜひそれを。最低でも「これなら身につけてもいい」と思うものをぜひ!

とくに小さいサイズはラインナップも貧弱なので、「かわいい」を見つけたらすかさず押さえていただくのがオススメです

グローブの意味とは?

手袋をする理由はこんな感じ

  1. 手の痛み止め
  2. 転んだ時のケガ対策
  3. すべり止め、汗・汚れ対策
  4. 温度調節・日焼け対策

1つずつご説明を

1.手の痛み止め

自転車に乗る時は、手にも体重がかかります。そうするとだんだん手が痛くなる。それを軽減したいならグローブをご活用ください。

とくに「クッションが多い」タイプを選んでいただくと、手の痛みはかなりやわらぐはずです。

2.転んだ時のケガ対策

転んだ時、とっさに手をつくことが多いです。すると擦過傷を負う。それを軽減、もしくは防御してくれるのが手袋ってわけです。安全のためですね。

転んだ時にグローブが破れたこともありますので、安全のためにやっぱり必須!

3.すべり止め、汗・汚れ対策

手のひらって結構汗をかきます。その汗を吸収してくれるのがグローブ。汗をかくと手が滑りやすくなりますので、しっかりグリップできない! そこでグローブの出番ってわけ。結構ここの部分が重要です。

手が小さいとグリップを握る力も弱くなります。グリップとブレーキに手をかけるだけでも大変ですから。それを補ってくれるのが、すべりにくいグローブってことです。ちなみに、グローブの手のひらには、振動吸収だったり、圧力分散だったりの意味合いで、パッドが入っていることが多いです。手の小さい人はパッドが厚いと、余計にグリップに手が回りにくくなりますので、パッドの厚さも考えて選んでください。

手が小さい人には、パッドの薄いタイプやほとんどないタイプもオススメです

4.温度調節・日焼け対策

寒い時、暑い時の温度調節に、日焼け対策にもなってます。夏も手袋? と思うかもしれませんが、直射日光が手の甲に当たるのも暑いですし、何か1枚覆うほうが、かえって涼しいような気もします。

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。