見て見て 自慢の愛車

人気折りたたみ自転車「Tern VergeN8」をツーリング仕様にカスタム

侍サイクルで一番売れている折りたたみ自転車、Ternの「Verge N8」

速くたためて、すごくよく走る「Verge」シリーズなのですが、実はかなりオプションパーツも豊富

組み合わせれば、荷物もガッツリ積める、ツーリング仕様にも変身するのです

ツーリング仕様に変身!?

店主メカタが持っているのが、ツーリング仕様「Verge N8」

通常のモデルに、オプションパーツをあれこれ付属

そして長距離ライドも楽しめるように、少しカスタムもほどこしました

今回の写真に写っているカスタムは、すべて「このままで折りたたみOK」。ここ結構大事なポイントですよね。外さなくてもたためるので、ご安心ください

リアキャリア&フェンダー

天気がイマイチな日、雨上がり、水が湧き出る山道なども走行しやすいように

フェンダー(泥除け)をつけるのが基本

そして「荷物ガッツリ」に欠かせないリアキャリアも! これもこのまま折りたためます

上に荷物を積んでもよし、サイドにバッグを装着してもよし

フロントにカゴやバッグを

もうひとつの「荷物ガッツリ」ポイントは、このアタッチメント

created by Rinker
ターン(Turn)
¥6,880 (2022/11/28 20:18:27時点 Amazon調べ-詳細)

このアタッチメントをつければ、この先にリクセンカウルのバッグやカゴを装着できます

created by Rinker
RIXEN&KAUL(リクセン&カウル)
¥2,970 (2022/11/29 16:36:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
RIXEN&KAUL(リクセン&カウル)
¥13,350 (2022/11/28 20:18:28時点 Amazon調べ-詳細)

タイヤに干渉したりもしますので、「なんでも装着OK」ではありませんが、フロントにいろいろ付けられるのはやっぱり頼もしい!

トップチューブバッグも

ボトルケージを装着する部分を使って、SALSAの「エニシングケージ」を装着、そしてこんなバッグも!

な、ご提案がこちら

アウトドアグッズや、パンク修理関連品を入れてもいいし、まったく違うものを入れてもいい。工夫次第で、小さなバッグもたくさん乗せられますぜ! っていう

ボトルケージ台座につけられるこのケージ。実はすごく便利

こうしてバッグをつけるのもいいですし、テントやシュラフを載せちゃってもいい。「荷物ガッツリ」におおいに貢献してくれます

グリップは好みを追求スべし

ロングライドをするなら、バーエンドも欲しいし、疲れにくいグリップの方がいい!

というわけで、グリップも交換

人と自転車が接触する場所は、快適性にめちゃめちゃ関係するので、積極的にカスタムしたいもの。サドルとグリップは好みを追求しよう!

ペダルにもこだわりアリ!

ツーリングなんだから、自転車にも乗るけど、たくさん歩く(かも?)

なので、山登り系の靴で自転車に乗ると想定してこちら

大好きなMKS(三ヶ島)さんの「ケージクリップ ハーフ」
created by Rinker
ミカシマ(MKS)
¥2,245 (2022/11/28 20:18:29時点 Amazon調べ-詳細)

そして、ケージクリップを使うために、専用のペダルに変更

専用ペダルじゃなくても、ケージクリップは使えますが、専用ペダルを使うと、軽量化も図れますので、これを使うのがオススメ

実車は店頭で! もちろん試乗OKです

完成したツーリング仕様「Verge N8」はこちら

全部つけなくても、いくつかだけでも取り入れると「Verege N8」の新たな扉が開くかも?

とくに「泥除け」と「リアキャリア」は「やっぱ便利」「あってよかった」の声多し

そしてグリップは、Vergeに限らず特に小径車乗りさんから絶大な支持があったりします

そしてフロントのバッグ or カゴは、ご近所を楽しく乗ったり、お買い物に行ったりする方からの熱視線も!

写真のカスタム車を実際に見たい方や、「Verge N8」ご試乗、他のカラーの確認などは侍サイクルにて

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。