MENU
見て見て 自慢の愛車

旅する折りたたみ自転車の決定版!?「WINDCOG」を侍サイクルカスタム

WINDCOGカスタム

旅をするための「ツーリングバイク」。

いろんな考え方のものが生まれています。ひとつのアプローチが「折りたたみ自転車

電車やクルマでどこか遠くの街まで行き、そこからおもむろに自転車に乗って本格的なツーリングスタート。

家からはじめるのではなく、遠くからはじめる自転車旅。そんなスタイルを可能にするのが「WINDCOG」の「ZIC」です。

WINDCOGのZIC

2年ほど前からずっと試乗車を置きたいと思っていたWINDCOGの「ZIC」

折りたたみ自転車ですが、キャリアが取り付けOKだったり、泥除けが標準装備だったりと、しっかりツーリングモデルな旅自転車。

車体カラーは「シルバー」と「ブラウン」の2色。

ちなみに今回ご紹介するカスタム車は「シルバー」。こちらは試乗できるようにしています。「ブラウン」カラーは標準状態で展示中。

まずは見て、たたんで、戻して、試乗して… 自転車を味わってください。

よく走って、手早くたためる「折りたたみ旅自転車」

しっかり旅を満喫させてくれそうなWINDCOGの「ZIC」

WINDCOGカスタム

折りたたみには付属の六角レンチを使います。スムーズにたためば30秒ほど! サッとたたんで、サッと戻して旅に出かけましょう。

泥除けやキックスタンドは標準装備。キックスタンドで自立しますので、折りたたみや展開作業もカンタンです。

今回のテーマはもちろん「旅自転車」と車体に合わせた「シルバー」カラー。ちょっと未来的なイメージをさらに彩ってくれるものを選んでいます。全体に日本のメーカのものを中心にチョイスしています。

フロントスタイル

WINDCOGカスタム

旅自転車ですからフロントにはバッグがほしい。純正フロントバッグがありますのでそれを。フロントライトはKileyさんの「ビンテージライトV2」を装着。

ちょっとレトロな雰囲気が醸し出されたような気がします。

バーテープは、車体に合わせて「Ciclovation レザータッチ」のサテンシルバーカラーを選びました

ケーブルも変更。「するする動く」と評判の「日泉ケーブル」さん。インナーは安心のSP31、アウターは2021年秋に新発売された和色の「くるみ」にしました

created by Rinker
ニッセンケーブルカブシキガイシャ(Nissen Cable Co.,Ltd)
¥2,515
(2022/05/18 08:14:51時点 Amazon調べ-詳細)

日泉ケーブルさんの新色は店頭に見本もありますので、試乗車でその感触を確かめていただいて、気に入ったら色味もご確認くださいね

バックスタイル

純正サドルバッグと、輪行袋を装着。

WINDCOGカスタム

サドルは店主メカタの好みで「Brooks カンビウムオールウェザーC15カーブド」。店主メカタは穴開きサドル派

created by Rinker
ブルックス(Brooks)
¥13,662
(2022/05/18 11:52:56時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみにタイヤは「Panaracer ミニッツタフ」に変更。サイドのカラーがカッコいいでしょう? とともに、乗り味の良さも求めたチョイスです。

WINDCOGカスタム

リアライトはKileyさんの「アイライト」を装着。小さいけど頼りがいあるのがいい! このデザインも雰囲気にマッチしてるんじゃないでしょうか?

created by Rinker
KiLEY(キーレイ)
¥3,600
(2022/05/18 08:14:52時点 Amazon調べ-詳細)

クランク周りは

WINDCOGカスタム

ペダルはこれまた安心の「MKS(三ヶ島)」さん。折りたたみ自転車には、取り外しできる「Ezy Superior」システムのものを! ということで

ソリューションEzy Superior」をチョイス。もうめちゃめちゃ回ります。そして何よりカラーがシルバーなのがいい!

やっぱり全体をシルバーカラーにしたいですからね

気になる方は店頭へ

今回はあえて「今どきの旅自転車」を意識した構成にしてみましたが、いかがでしょうか?

お店ではよく「荷物も乗せられて、雨の日でも安心の泥除けがついた旅に行く自転車がほしい」といわれます

「だからランドナーがいいんだけど… でも輪行もしたいんだよね」とも。そういう方に「これがオススメです!」と力強く宣言できるのがこの1台。

「タイヤ小さいのって…」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが… でもそういう方にこそ試乗してほしい!

そんな自転車です。ぜひ店頭でご確認ください

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。