自転車の困った

シーラントって何? 一般的なタイヤのパンク防止に使えるタイプも

クリンチャーにもシーラント

シーラントって何? なんて話が時々ありますので、シーラントのお話

シーラントには2つの意味合いがあります。

「1」をイメージすることが多いですし、その専用品もありますが、「2」の目的もあります。今回は「2」のお話がメイン。

  1. チューブレスタイヤに入れて隙間を埋めるケミカル
  2. チューブにあらかじめ入れておくパンク防止剤

スポーツ自転車も、それ以外も、タイヤにシーラント剤を入れておくと、パンク防止剤になっていいですよ! というのが結論です。

詳しくは下記でどうぞ。

チューブレスタイヤ専用シーラント

まずは「1」のお話から

チューブレスタイヤにはシーラント

スポーツ自転車では、「チューブレスタイヤ」と呼ばれるタイヤを使う人もいます。MTBやシクロクロスで選択する人が多いです。

その名の通り、チューブを使わないタイヤですから、パンクしにくく走行性能が高いなんていわれます。が、専用のホイールやタイヤでないとダメなどなどデメリットもあります。

このタイヤの話は今回は本題じゃないので、またの機会に。

このチューブレスタイヤには「シーラント」を入れることが多いです。またチューブレスレディ(チューブレスにも対応したタイプ)には、シーラント必須です。

侍サイクル
侍サイクル
シーラントというとチューブレスの話だと考える人も多いですが、必ずしもそれだけじゃありません

オススメのシーラントは?

フィニッシュライン シーラント

いろんなタイプがありますが、フィニッシュラインがタイヤシーラント剤ブランド「MULTI SEAL」とコラボした、このシーラントはいかがでしょうか?

このシーラントのメリットは?

白い液体に、黒い何かが入っています。この黒いものは「ケブラー」つまり繊維だそう。これのおかげで、従来品よりも強化されています。

  • ケブラーで強化され、気密性が高い
  • ラテックスを使用していないので攻撃性が低い
  • 水で洗い流せる
ごまミルクみたいで美味しそう

なんて感想もあったりして。

パンク防止剤としてのシーラント

パンク修理剤として、通常のタイヤに使うという方向性も出てきました。

侍サイクル
侍サイクル
以前は普通のタイヤには使えなかったのですが、最近は普通のタイヤでOKのタイプも出てきました

スポーツ自転車でも、一般車でも、チューブに入れておけば安心感が増します。

パンク防止剤として一般的なチューブありタイヤは使えない、チューブレスタイヤ専用シーラントもありますので、ご注意を

オススメのシーラントは?

EVERS(エバーズ)の自転車パンク防止剤「スーパーシーラント」

エバース シーラント
侍サイクル
侍サイクル
一般車にも、スポーツ車にも使えて、恒久的予防できるグッズです

このシーラントのメリットは?

メリットは、どんな自転車にも使えて、パンク予防になってくれて、いつまでも使えること。

  • 6mmの穴まで防ぐ
  • チューブ、チューブレス、チューブレスレディに対応
  • 天然成分100%でリム、タイヤを傷めない
  • 水で簡単に洗い流せる
  • 硬化しない

本当にいつまでも使えるかどうか? はわかりませんが、長期間使えて、リムなどへの攻撃性が低いのは事実。

パンクしないように使うのはアリです。

パンク防止剤としてはこちらもオススメ

パンク修理剤としては、マルニ(Maruni)さんの「クイックショット」もオススメです。

  • パンクした後に使える
  • 一般車にも対応
  • 一度使った後も長期間そのまま使用可

メーカさんによると…

2年くらいはそのまま使えます

とのこと。パンクしたとき用に、1本持っておくと安心です。

ABOUT ME
侍サイクル
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる。。。 そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。