お手入れ

お手入れの基本は? お家でカンタン「清掃・注油・事前ケア」から

愛車のお手入れタイトル

愛車にいつまでも安全・快適に乗り続けたいなら、自転車のお手入れが大事

面倒な人は自転車店に丸投げしちゃってもいいんですが、ある程度はご自分でお手入れすると、お安く済みますし、愛着もわくってもんです。

できる範囲で、愛車のお手入れしてみませんか?

お店におまかせの方は、こんなメニューがありますので、適宜ご利用ください。

自転車も冬ごもりシーズン!? クリーニングとメンテナンスはこの時期に!

自転車の汚れを拭き取ろう

お手入れの基本はなんといってもクリーニングから。

要するに「汚れをキレイに」ってところからです。

まずはウェスで汚れを拭き取る

まずは自転車本体の汚れを拭き取りましょう

汚れた部分をウェスで拭き取っていきます。ボロ布などを使えばいいのですが、毛羽立つ素材はNG。たとえば、古タオルとかはダメですが、ボロボロのTシャツならOKって感じです。

心配な場合はこんなタオルを。紙タオルではありますが、実は結構繰り返し使えます。

ブラシを使うのもオススメ

自転車用のブラシでブラッシングするのもおすすめです。

が! 部分に合ったブラシを使わないと、愛車が傷つくことにもあります。車体をいためない素材を選んでください。

雨に濡れたあとは特別なケアを

雨の中走ったあとは特別なケアをするようにしてくださいね。

ちょっと濡れたくらいなら、ウェスで水分を拭き取るだけでOK。でも大雨にあった場合は自転車に溜まった水を抜いてやる必要があります。詳しくはリンク先の記事をどぞ。

梅雨の季節到来! 愛車が雨に濡れたらこうする!

雨の水分をそのままにしておくと、サビの原因になります。だから濡れたあとの水分はしっかりとっておいてくださいね。

ケミカルを使おう

ざっと汚れを拭き取る以上のお手入れにチャレンジするなら、ケミカルを使いましょう

「ケミカル」とは?

自転車をきれいにするために洗浄剤、チェーンや駆動部分の動きを滑らかにするための油類、コーティング剤などのこと

ケミカルの基本は、チェーンの汚れを取る → 全体の汚れを取る → 注油 の3ステップ。詳しくは下記の記事からご確認ください。

自転車の洗剤&注油グッズ「ケミカル」 基本の3ステップ

予防のために

「汚れたら拭く」のも大事ですが、汚れないように事前に準備しておくのもおすすめです。

ってことで、「バリアスコート」! これは車体の洗浄をしてくれて、同時に保護、艶出し処理をしてくれるケミカルです

【使用方法】

まずは洗車して砂ぼこりや汚れを落とす → 塗面から約30cm離して適量を直接スプレー塗布 → 乾く前に速やかに専用クロスまたはウェスですり込むように拭き上げる

コーティングの持続力は最長6ヶ月。コマメにメンテする必要はありますが、事前に使っておけば愛車の汚れを防止できます。

まとめ

他にもできることはありますが、まずはこのあたりから。

  • 清掃
  • ケミカルを使った清掃 → 注油
  • 事前のケア

このあたりから、チャレンジしてみてくださいね。

あわせて読みたい
メンテ費用を減らそう
自転車には維持費がかかる 7つの工夫でメンテ費用を節約しよう自転車にも「維持費」がかかります。 クルマみたいに税金がかかることはありませんが、乗り続けようと思うと毎年ある程度の費用が必要です...
あわせて読みたい
自転車が雨に濡れたら?
雨の後には愛車のケアを 自転車が雨に濡れたら?雨の日は自転車に乗らない方も多いとは思いますが、出先で雨に降られることもあります。 雨に濡れたとき、気をつけたい愛車のお手入れにつ...
あわせて読みたい
ケミカルの基本
自転車の洗剤&注油グッズ「ケミカル」 基本の3ステップ自転車の洗浄や整備に使う洗浄剤や各部に指す油類のことを、ざっくりと「ケミカル」と呼びます。 ケミカルの基本って? ケミカルは...
あわせて読みたい
整備やメンテ、クリーニングをもっとカンタンに! おすすめケミカル自転車用ケミカルのまとめ。どんどん追記していきます。 【2018.10.21追記】 ケミカルの基本 最初の一歩はここか...
ABOUT ME
侍サイクル
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる。。。 そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。