季節・天気のお悩み

もう少しチェーン清掃のお話 最近話題(?)の「水なし洗浄」もご紹介!

最近話題の「水なし洗浄」もご紹介

RIMGA0895

前回に続いて、もう少しチェーン清掃のお話です。

前回おすすめしたのは「チェーンクリーニングマシーン」。機械に洗浄剤を入れて、チェーンを挟み、くるくる回すとあら不思議。チェーンがキレイになっちゃうという商品でした。ただし、洗浄後には水を使ったすすぎが必要。まぁ手軽で、あまり手などを汚さずにキレイにしたい方向けのグッズです。

今回ご紹介するのは、水をまったく使わない「水なし洗浄」と呼ばれる洗浄方法。マシーンがなくてもOK。多少手間ヒマはかかりますし、マシーンに比べて手は汚れますが、水を一切使いませんし、洗浄液やすすぎ後の水を下水に流すこともありませんので、さらに環境にやさしいんです。
 
 

まずは「チェーンクリーナー」から

使うのは、店主メカタが手に持っているケミカル2種類。WAKO’Sのチェーンクリーナーと、ガラスクリーナーです。もちろんウェスは必要ですので、ご用意ください。

まずは、チェーンクリーナーの出番です。これは非乾燥タイプの洗浄剤。水溶性で、生分解性。

チェーンの汚れている箇所に、チェーンクリーナーをまんべんなくスプレーします。これはパーツクリーナーと違って非乾燥タイプですので、使うのはちょっとで大丈夫。たれない程度にしてくださいね。イメージとしては油汚れを、少量の油をスプレーして溶かすって感じ。

で、チェーンクリーナーに付属のブラシで汚れている部分をブラッシングします。これは、液体と汚れをなじませる工程ですので、ゴシゴシと強くする必要はありません。しばらくすると、汚れが浮き上がってきますので、ウェスなどで拭き取ります。

これで、チェーンの汚れは大まかにとれたってことになります
 
 

仕上げは「ガラスクリーナー」で

ここでガラスクリーナーに持ち替えて、残った油と取りきれなかった汚れを落としていきます。ガラスクリーナーは泡タイプですので、チェーンにスプレーして、ウェスで拭き取る。これで、チェーンはピカピカになりました。

ガラスクリーナーなんて名前ですので、「大丈夫なの?」って思いますが、要はノンシリコンタイプで水溶性の油膜取りってことですので、安心してお使いください。結構な万能洗浄剤ですので、いろんな部分に使える便利なやつ。サドルやバーテープにも使ったりします(多少は素材によります)。

残念ながら名前のせいで、売れ行きが芳しくないなんて話もあり、近々名前が変わる~なんてウワサもあるみたいです。が、いい商品なのには変わりはありません。

WAKO’Sの商品もいろいろ置いてます。もちろん今回ご紹介の2本も。いろんなところをクリーニングしたり、注油したりしたい方は、お気軽にケミカル類についてご質問・ご相談してくださいね。

侍サイクルのFBページにも遊びに来てくださいね → 侍サイクルFBページ

ABOUT ME
侍サイクル
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる。。。 そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。