愛車をもっと快適に

ビンディング以外のペダルも種類はさまざま 機能や好みでしっかり選びましょう

DMR VAULT Pedal

自転車の大事なポイントのひとつ「ペダル」

自転車と人との接点は、「サドル」と「グリップ」そして「ペダル」の3箇所だけ。

その3箇所を変えると快適性もグッとアップします。

ビンディング以外もこだわって

自転車のこだわりペダルといえば、シューズにペダルがくっつくタイプの「ビンディングペダル」が思い浮かびます。

ですが、ビンディング以外のペダルだって、こだわっていただきたい

普通のペダルぬも、種類がたくさんありますし、こだわりもたくさんあります。

もちろん、使った感触や能力だってぜんぜん違う。

だからこそ、しっかり選んでいただきたいと思います。

DMRの「VAULT Pedal」

ペダル選びには「正解」はありません。

「こう使いたい」という希望に合わせて選ぶもの。

必要な条件を考えて、それに合ったペダルを探してください。

あなたに合うペダル選びを!

ペダルの種類はとってもたくさんあります

カタチも
機能も
カラーも

そしてお値段も

ものすごくさまざまなペダルがあります。

カラーコーディネートできるカラフルなもの
レトロな自転車とあわせたいちょっと懐かしい形状・素材のもの
スニーカーでも乗りやすいとか、ヒールのある靴でも大丈夫なんてのも。

どれでも同じじゃありません

「ペダルなんてなんでもいいや」「どれも同じでしょ」ではなく、機能や好みで選んでください!

だって自転車は人力で動くもの。くるくる回して動力を得るペダルはとっても大事な部分なんですから。

踏みやすくて、ラクに走れるペダル、
足がすべりにくいペダル
愛車をカッコよくするペダル
靴を傷つけないペダル

などなど…

いろんな側面から、ペダルを選んでくださいね。ご相談はいつでもお待ちしてます!

DMRの「VAULT Pedal」

たとえば写真のMTB用ペダルは、DMRの「VAULT Pedal」

RIMGA0889
created by Rinker
DMR
¥15,840
(2021/05/18 07:57:38時点 Amazon調べ-詳細)

このペダルの特徴は、軽くて丈夫、そして薄いってこと。

とにかく軽い

あらゆる自転車部品にとって、「軽い」というのはとっても大事なポイントです。

自転車を速く走らせたり、坂を登ったりするとき、そのほかのときだって。

自転車で何をするときでも、軽いほうが圧倒的に有利です。

自転車本体はもちろん軽量化されていますが、それにくっつくいろんなモノだって、重いよりは軽いほうがいい。

自転車乗りさんは、軽量化にビックリするほどの情熱を注いでいます。だからこそペダルだって!

すごく丈夫

丈夫」というポイントは、とくにMTBではすごく重要です。

山に入っていて、ペダルが壊れちゃ困りますから。

転ぶことも多いですし、岩なんかにぶつけることも多い。そんなときに壊れない丈夫さが必要なんです。

そして「薄い」

意外かもしれませんが、「薄い」というのも大切。

とくにMTBでは重要性が増します。

ペダルは小さければ小さいほど、岩などの障害物にぶつける危険性が減ります。

しかし、しっかり踏みたいと思うとある程度以上の面積は必要です。

そこで厚みを薄くすることで、踏みやすく、ぶつけにくいペダルを実現するというわけ。

薄くすれば軽くもなりますが、丈夫さが減りますので、そこはバランスです。

カラフルで、高性能なおすすめペダルなのですが…

まぁあのお値段は可愛くないので、そこもまたバランス。

created by Rinker
DMR
¥12,822
(2021/05/18 07:57:39時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
DMR
¥12,822
(2021/05/18 16:42:07時点 Amazon調べ-詳細)

MTB用の軽くて丈夫、そして薄いペダルでも、もう少し… そんなご希望をお聞きしながら一緒に選びましょう。

その他の「ペダル」のお話も

MKS万歳
「MKS(三ヶ島製作所)」ペダル万歳! 店主メカタの”オススメ”ペダル侍サイクルが愛してやまない「MKS(三ヶ島製作所)」さん。 シンプルでいてカッコいい、もちろん使い心地や能力も高い。そんなペダルを...
ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる。。。 そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。