自転車店とおトクに付き合う

雪国彦根から「ミニベロ」愛を叫ぶ ミニベロのメリット・デメリット!?

侍サイクルはミニベロが大好きです。

ミニベロが好きだー

カワイくてオシャレだし、乗ってて楽しい! 街乗りや、お買い物などにもピッタリ。カゴや泥よけをつけても似合いますので、通勤や通学にも使いやすい。そんなステキ可愛いミニベロ。

興味ある! って人も多いのですが、「クロスバイクやロードバイクと比べてどうなの?」って、悩んでしまうこともあります。

というわけで、今回は「ミニベロのメリット・デメリット」についてお話します。ちなみにこれは全部のミニベロに当てはまるわけではなく、「こういう傾向がありますよ」ってものだと思っていただけると助かります。

まずは「ミニベロ」って何?

まず、ミニベロって何か? ってところからですよね。

ミニベロとはタイヤが小さい自転車のこと。「小径車」とも呼びます。フランス語で自転車を「VELO」と呼ぶため、小さい自転車は「ミニベロ」。ごく小さな車輪は6インチくらいからありますし、概ね20インチくらいまでのものを呼びます。

折りたたみ自転車もほとんどが小径のため、一応ミニベロに区分されますが、今回は折りたたまないタイプに限ってご説明します。

デメリットはたくさん!?

まずはデメリットから。実はデメリットってたくさんあります。

走行性能がちょっと低め

タイヤが小さいということは、地面の影響を受けやすいってことでもあります。つまり振動や衝撃が伝わりやすいため疲れやすく、パンクしやすい傾向があります。

また足を止めると失速するのが早いので、速度の維持も大変。車輪が小さいほど、がんばって漕がないと進まないということです。ずっと漕いでないといけませんから、長い距離を乗るときなどは体力が必要。長距離だったり、速さだったりを求めるなら、ミニベロはあまり向いていません。

車輪が小さいので段差をこえるのは苦手。まちなかの段差が結構な障害になることもあります。

操作しにくいものもある

ハンドルがクイックといいますか。。。 フラフラするような印象を受けることがあります。

「ちょっと操作しにくい?」と感じるかもしれません。

車体の条件はあまりよくない

よくミニベロを「安い」「(車体が)軽い」「輪行しやすい」と思っている方がいますが… これは誤解かも。お値段はフツウ。クロスバイクタイプでは5万円前後~、ドロップハンドルタイプは10万円前後~と、ミニじゃないものと同じか、少し高いくらいです。

車体の重さも、基本は重め。軽いことは軽いんですよ。でも、車輪の大きな自転車に比べるとちょっと重い。車輪が小さいのに、乗りやすくしようとすると、フレームが大きくなりますので、どうしてもちょっと重くなります。

フレームが大きいんですから、車輪を外して輪行する場合にも荷物が大きくなりがち。さらにちょっと重いってことは、全体的に持ち運びが不便です。同じミニベロでも折りたたみ自転車なら輪行に最適なのですが…

フレームが大きめなので、背が低い人に向いているというわけでもありません。意外とラインナップは160cm~とか、155cm~とかばかり。小さいさんにオススメではないといいますか、乗れる車体自体少なめです。

カスタムもすごくしやすいワケじゃない

日常使いにも、スポーティーにもアレンジできますので、カスタムは楽しいです。

が、形状が少し特殊でもありますので、ロードバイクなどと比べると、全般的に使えるパーツは少なめ。とくにホイールなどの車輪回りは選択肢少なめです。

創意工夫と、繊細なパーツ選びができれば、カスタムは無限大なのですが…

メリットだってあります

デメリットばっかりじゃん! って言われそうですが、当然メリットだってあります!

漕ぎ出しが軽い

漕ぎ出しがラクで、加速がしやすい。ストップとスタートが得意です。

まちなかを走ると、信号や交差点、歩行者やクルマなどとの関係性で、どうしたって止まる機会が増えますよね? ストップしたあと、次に漕ぎ出すのが軽くて、ラクラク。スピードにも乗りやすいのはメリットです。

ですから、「街乗りにオススメ」というわけです。

日常生活に使いやすい

スポーティなタイプもあるのですが、そうでもないデザインも多いのも特徴。普段の服装、普段の荷物も、違和感がなく乗れるような車体も多いです。

自転車っていうと、「特別な服装」で「スポーツとして」乗らなきゃ! ってイメージもありますが、ミニベロはそうじゃない。気軽に楽しく、生活の中に溶け込んでくれる自転車じゃないでしょうか?

最重要ポイントはコレだ

メリット少なくない? って感じですが、なによりも偉大なメリットが!

オシャレでカッコイイ

乗ってて楽しい

正直、このポイントだけで、すべての難点を補って余りあると思うほどじゃありませんか?

レースに出たいとか、速く、長く、快適に走りたいなど性能を求めるなら、選ぶべき自転車は違うかもしれません。

でも「自転車は乗ってて楽しくて、カッコイイのが一番」「街乗りメインだから、気軽で乗りやすいのがいい」

そんな方にはミニベロという選択肢はすばらしいと思います。 

とりあえず、乗ってみて!

一度乗ると、その魅力がわかる! んじゃないかと思いますので、少しでも興味をもたれたら、積極的に乗っていただきたいところ。140cm台でも乗れるミニベロもありますし、ドロップハンドルタイプもあります。

雪が溶けたら… ではありますが、ミニベロが気になっている方はぜひ乗ってみてください。

「ミニベロ好きだ」って方が、少しずつでも増えると嬉しいです。

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。