お知らせ

サイクリングの「お守り」に輪行袋を! 安心を携行しましょう

そろそろ自転車シーズン到来。いろんなところにサイクリングに出かけたくなりますよね?

春の陽気に誘われて遠出。そんなときにぜひ携帯してほしいのが「輪行袋」なのです。

「お守り」として輪行袋をどうぞ

輪行袋というのは、その名の通り、輪行するときに使う袋のこと。輪行というのは、「自転車をばらして袋に詰め、公共交通機関に乗せる」ことです。

往復ともに自転車で! と思っているときは、この袋は必要ありません。…なんですけどね。

遠乗りのときって、やっぱりトラブルがつきものです。何があるかわかりません。

自転車の調子が悪くなるかもしれない
あなたの体調が悪くなるなんてこともある
すぐ帰らないといけない事態が発生するかも
スケジュールが果たせない可能性も

そんなときに、あると便利というか、安心というか。「もしものときのお守り」的な意味で、輪行袋を持ち歩くのがオススメです。使わなかったらラッキー。でも、何か合ったときのためにっていう、緊急避難的な目的です。

これからの時期、「思ったより遅くなっちゃって帰れそうにないんです」「疲れちゃって、自走は無理…」って言いつつ、輪行袋を買いに来られる人が多いんです。出先で探し回らなくてもいいように、準備しておくといいんじゃないのかな? と。

ちなみに侍サイクル、かなり輪行袋をいろいろ置いております。必要というか、趣味というか。「これしかない」じゃなくて、「選べる」っていうのも大事かな? と。

こんな軽量モデルはいかがでしょうか?

基本は「使わない前提」ですから、立派なものは要らないし、軽いものがいい。

そう思う方には、OSTRICHの「SL-100輪行袋」がオススメ。メーカー最軽量クラス。その分、薄くて扱いはむずかしいかもしれませんが、何より軽いし、小さい。大きめのサドルバッグなんかに入れておくと安心です。

もちろん、わざわざ買うのがもったいないなら、普段お使いの袋を使えばいいんですけど… やっぱり「軽量化」も気になりますもんね。

折りたたみ自転車だって

折りたたみ自転車用の輪行袋もあります。

折りたたみの場合は、余計に輪行袋が重要です。これさえあれば、ぐっと行動範囲が広がりますし、袋にさえ入れれば、電車はもちろんタクシーにだって乗れます。

道に迷ったときでもタクシーに助けてもらうとか、友人にクルマで迎えに来てもらうとか。袋に入れなくてもいい場合もあるでしょうけど、袋があると助けてもらえる可能性も高くなりますので、輪行の予定がなくても持ち運ぶとホントに安心です。

まとめ

輪行の予定がなくても、「もしもの時のために」輪行袋を持ち運ぶと安心です。

もちろん、最低限「使い方がわかる」のが前提ではありますので、事前の勉強? 研究? は必須で。

ちなみに侍サイクルでは「輪行講座」もやっておりますので、自信のない方は受講されると幸せになれるかもしれませんよ。

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。