おすすめ自転車グッズ

新たなケミカルがやってきた! ブレンドして好みの性能を引き出すチェーンオイル

写真 2016-06-24 13 41 50

ケミカル大好き! な店主メカタ。またまた、こんな新しいケミカルがやってきました! 

ちなみに自転車業界で「ケミカル」っていうのは、自転車をキレイにするための洗剤類や、自転車を円滑に動かす油やグリス類のことを指します。自転車に使う薬剤全般ってことですかね?

自転車をいい感じに動かしたり、長く愛用するには、ケミカルを上手に使うのがポイント。自転車の種類やパーツによって、目的によって使うケミカルは変わります。また「どんなふうに乗りたいか?」によっても一番ピッタリなケミカルは異なります。

ですから、いろいろ考えて選ばないといけないってことですよね。

写真 2016-06-24 13 41 13

さてさて、店主メカタが手にしたこれはチェーンオイル。2つをセットにして販売しています。

わざわざ2つあるってことは、当然ですが内容が違うってこと。ひとつは、なめらかさに主眼を置いたもの。もうひとつは、できるだけ抵抗を少なくして、パワーのロスカットを目的にしたもの。

シチュエーションによって使い分けてもいいですし、混ぜて使うのもいい。それを考えて最初から混ぜるのに使うボトルが準備されています。小さなボトルを使って、いい感じにブレンドできちゃうっていうのがポイントなのです。

写真 2016-06-24 13 41 29

こちらは「ラスペネ」のミニサイズ。

ラスペネっていうのは潤滑剤のこと。「水置換性」という特徴をもっていますので、水で濡れた部分にこれを使うと、水を追い出して、代わりに入ってくれるってことになります。

完璧に乾燥させなくても使えて、とっても便利です。

ですから、雨の日に走ったりして、チェーンが水で濡れた場合…

まずはチェーンをおおまかに拭いて表面の水分を除去する。その後ラスペネを使う。そうすると、チェーンみたいな複雑な形状のところでも、水が追い出されて潤滑剤が入ります。そのうえで、チェーンオイルを使う! この3ステップで、いい感じの注油ができるんです。

水置換効果があるチェーンオイルなら、ラスペネは必要ありません。でも水置換性のないチェーンオイルを十分乾燥していない状態で使うなら、ラスペネって一手間が必要です。WAKOSの「チェーンルブ」は水置換性ですが、上で紹介したオイルは水置換じゃない。だからラスペネが必要なんです。

WAKOSのケミカルに限らず、お使いのチェーンオイルが水置換か、そうじゃないか? チェックして、必要に応じて一手間増やしてください!

「ラスペネ」は以前からありますが、「こんなたくさんの量、使わない」って声も多くて。なのでミニサイズ。小さめなら家に1本あってもいいかもですよ。

ちょっと外れますが。。。

写真 2016-07-02 22 01 25

この夏、大活躍してくれている「日焼け止め & クレンジング」。

どちらかだけでも買えますし、セットで買っていただいてもモチロンOKなもの。日焼け止めはお風呂に入っても落ちないくらい、強烈にウォータープルーフなので、落とすにはクレンジングを使ってくださいね。

1箱入荷したのですが、あっという間にほぼ完売。店頭にはもうあと1個? また近々入荷予定ですが、こんなに人気とは! と、自分たちもちょっとビックリしています。

「LINE@」やってます

友だち追加大歓迎! LINEやってて、ちょっと気になる方はお気軽にどうぞ

更新もコマメにしてますので、チェックもしてくださいね

ID : @vhx1326d

友だち追加数

整備やメンテ、クリーニングをもっとカンタンに! おすすめケミカル自転車用ケミカルのまとめ。どんどん追記していきます。 【2018.10.21追記】 ケミカルの基本 最初の一歩はここか...
ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。