おすすめ自転車グッズ

ベルで「自転車が来た」と伝えたい! でも熊鈴はうるさいときも。。。 そんなあなたに!

RIMG0620

自転車に必要な部品のひとつ「ベル」。新しい機能を持ったベルが出ましたよーってお話。

ベルは必要だけど…

つけなきゃいけない割に、「ならしちゃいけない」というフシギなルールのシロモノです。クルマのクラクションと同じで、キホンはならさない、ならしちゃいけないものなんです。

ですから、歩道を滑走しながら歩行者に「どけどけ!」とばかりにベルをならすのは完全にNGです。

音を出したい時もある

でも、でもですよ! ベルをならして「自転車が来ましたよ」「近づいてますよ」と周囲に伝えたいタイミングもありますし、そうしたほうがお互いに幸せってこともあります。でも、ベルをチリンチリンとならすのはルール違反だから、自由にならすわけにはいきません。

そんな方が選んでいたのが、「熊鈴」タイプのベルでした。これなら、自然に揺れて音が出ますので、「自転車が来てますよ」って周囲に知らせることができたから。

そういう意図を持っている方にとっては、すごく便利なのですが… うるさいときもありますよね?

たとえば、夜遅くに街なかを走る場合。「うるさいんじゃないか?」と心配になってしまうかもしれません。

みんなと一緒に走る時もそうかも。みんなと一緒に走ると、ベルの音が邪魔になっちゃうこともありそうです。。

従来タイプの不満を解消

従来の熊鈴タイプのベルが「うるさいときもあるな」と思っていた方にオススメなのが、このベル。

RIMG0621

カンタン操作で、音のON・OFFが切り替えられるんです。「業界初」という文字もあります。

山歩き用の「熊鈴」としては、以前から音のON・OFFが切り替えられるモノがあったようですが、自転車ベルとしては初なのかな? とっても便利な機能だし、人に迷惑をかけないために必要な機能じゃないのかな? と思います。

「熊鈴は便利だけど、うるさいときがあるなぁ」
「不要なときはオフにできればいいのに」

そんなふうに思っていた人は、このベルがいいかもしれません。

ただし、自転車に必要なベルは「警笛装置」としてのもの。このベルがそれに合致するのか? はちょっとビミョウだったりするのかもしれません。通常のベルを装着したうえで、サブ的に使うのがいいかもしれませんね。

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。