MENU
初心者さん聞いて!!

当たり前だけど… 雪が降ったら自転車はダメ!

RIMGA1331

すごい寒波がやってきているそうです!

彦根はまぁ普段から雪が降ったり、凍結したりしていますので、慣れっこみたいなところがありますが、普段あんまり寒くないところ、積雪のないところは、ホントに気をつけてください。

今回は、ホントに寒いときは自転車はやめてね、ってごくごく当然のお話。

雪が降ったら自転車はやめよう!

雪が降ったら、自転車はやめましょう

朝晩は道路が凍結していることもありますので、超気をつけて

あなたの自転車が滑らなくても、相手(クルマ、オートバイ、人、相手の自転車)が滑ってくることもあります

メインの道路は雪がなくなっていても、細い道や日陰はまだまだ危険です

まとめると…

「雪の日は乗るな」
「凍結に気をつけろ」

言いたいことはこれだけです。

「塩カル」は有害です

が、もう少し。

雪を溶かすために道路に撒く「塩化カルシウム(塩カル)」。これは自転車を傷めます。避けて走るのはムリなので、走ったあとはよく自転車を洗ったり、拭いたりしてあげてください。

タイヤが太くてもダメだよ

MTBやビーチクルーザーなど、タイヤが太かったり、ゴツゴツしている自転車なら、積雪時でも大丈夫! と考えている方がいますが、そんなこともありません。多少、タイヤが太いくらいじゃ、雪道を進むのは難しいと考えてください。写真みたいなMTBでも、雪道はダメダメですよ。

ファットバイクくらいまでタイヤが太くなると話は少し変わります。ですが、まずお安いタイプのファットバイクではパワーが足りず、やっぱりちょっと難しいと思われます。

高級なファットバイクなら、なんとかなる… んですよ。雪道は超疲れるけど、楽しいらしいです。が、新雪の間はいいのですが、踏み固められて氷になったり、轍が深くなってしまうと、結局どうしようもありません。朝は楽しくファットバイクででかけたけど、帰りは最悪。押して帰ってかえって疲れた… なんて話も聞きました。

安全な雪道で遊ぶ… のはともかく、交通手段としての自転車はホントに百害あって一利なし。別の交通手段を考えてください。

自転車がないと不便なのはわかります。でも安全面から考えると「やめてくれ」一択です。

どーしてものときはブレーキを意識

なんらかの事情で… どーしても、どーしても自転車に乗るときは、ブレーキを意識してください。

急ブレーキはもってのほかです

片ブレーキは危険です

前ブレーキをギュッと握ると横滑りします

必ず両ブレーキを握る。気持ち後ろのブレーキを強くかけるような感じで… となると、少しは安全かもしれません。

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。