おすすめ自転車グッズ

不要なようでいて必要? 取り付け方にも配慮した小さめベルで「整備不良車」にならないように!

RIMG4085

不要なようでいて必要な「ベル」のお話。

何回も書いていますが、自転車のベルはめったなことで鳴らしてはいけません。

クルマと同じで「警笛鳴らせ」って表示のある場所で鳴らすのが基本。そのほかは危険を感じた時とかなので、基本、街ナカでは鳴らす機会はほぼナイといっていい感じです。

でも、このベルがないと困るのです! っていうのが今回のお話。

整備不良車にしないために

ベルは道路交通法で決められた「自転車に必要な装備」のなかのひとつ。ですからベルや警笛をつけていない自転車は、道路交通法違反というか、「整備不良車」という扱いになります。

整備不良だとどう困るのか… っていいますと、「何かの理由でお巡りさんに止められたりしたときに、怒られる」というのがひとつ。もうひとつは、「事故ったときに不利になる」ってものです。

事故った際に、「整備不良車に乗っていた」として扱われますので、過失割合がちょっと増えるんだそうです。

たとえば、本来だったら「相手:自分=9:1」だったはずが、「相手:自分=8:2」になっちゃったりするってこと。ベルがないだけで、そんな危険性があるんだったら、つけておいたほうがいいって思いませんか????

ってことで、ベルの装着を熱烈にオススメしています。まぁ自転車店的には、整備不良車をお渡しするわけにも行きませんので、必ずつけていただいています! というのが正しいのですが。

こんなベルならいかが?

RIMG4086

でも、(ほぼ)使いもしないベルを装着するのはイヤだ! ってのもわかります。

ですから、こんなベルはいかがでしょうか? ベルとしては小さめでカラフル、でも機能はごくごくフツウな感じ。

なのですが、ポイントはワイヤーを挟むようにして取り付けられるってこと。

ハンドルにベルを付けちゃうと目立つし邪魔だなって方も、ワイヤーに付けるならいかかでしょう? ワイヤーならアチコチに付くので、ちょっと隠し気味に取り付けられるのもポイントです。

あ、もちろん「すぐに鳴らせるところに付ける」ってルールもありますので、すぐに鳴らせるところには付けてくださいね。

ベルは付けたくないけど… なあなた! 小さめでもいい、ちょっと隠し気味でもいいですので、ベルはぜひ付けてくださいね。

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。