MENU
初心者さん向け情報

自転車に乗らない季節! タイヤを長持ちさせるためにココに気をつけて! 

RIMG4124

冬になると、自転車に乗らない方も増えてきます。

まぁほら、とくに彦根なんか雪も降りますし、雨も多いですし、何より寒いし。ってなると、「自転車とは春までお別れ」って方もいらっしゃって当然です。

スポーツ自転車っていうよりも、主にシティサイクル(ママチャリ)についてですが、保管時に気をつけないとタイヤがダメになりますよ! ってお話。

「修理は春でいいや」はキケン

この時期、多いのが「パンクしちゃってるけど修理は春になったらでいいや」って方。

あとは、「春になったらちゃんと空気入れよう」って、まったく空気を入れない方も。

「乗らないからいいや」って気持ちはわかります。

でも、でもね、ちょっと気をつけたほうがいいですよ! って。

タイヤのひび割れが!

タイヤに空気がまったく入っていない状態で自転車を放置すると、自転車の重さでタイヤが押しつぶされます。空気が入っていればちゃんと支えてくれますが、その空気が入っていないんですからグニャッと潰れちゃう。

タイヤってゴムですから、潰れた状態で置いておくと側面がひび割れてきます。寒い時期はゴムも硬化しやすいので、余計にひび割れしやすいです。

RIMG4122

↑ 地面との接地面はまだまだキレイなんですが…

RIMG4123

↑ 空気が抜けた状態で放置したので、側面が割れちゃった… こうなるとタイヤ交換です

タイヤって、表面(地面と接する面)が削れてきたら交換時ってイメージがあります。もちろんそれも正解なのですが、意外と側面の損傷も交換原因になります。

エコ的にも、お財布的にも

パンク修理なら修理料金はそんなに高くない。まぁ1000~2000円くらいでしょうか? でもタイヤ交換となると4000~5000円くらいかかってしまいます。ホントだったらまだまだ使えたタイヤがダメになってしまうのは、エコ的にもお財布的にダメージがある! ってこと。

だから! タイヤが悪くならないうちに…

パンクは早めに修理しましょう

たまには空気を入れましょう

というのをお願いします。空気は1~2ヶ月に1回くらいかな? 寒い地域の方には12月~2月の3ヶ月間くらい自転車を放置って方もいらっしゃるので、その間に1~2回、空気を入れればいいんじゃないかな? って。

まとめ

危険な状態になったモノを、騙し騙し使うのは、エコでも節約でもありません! が、工夫して安全な状態で長持ちさせるのは、エコで節約ですよね???

寒い時期の一工夫で、タイヤを長持ちさせてくださいね。

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。