お知らせ

自転車店で、得する? コミュニケーション方法はコレだ!?

RIMGA1363

自転車店で、得する? コミュニケーションの仕方なんてお話。とくに小さな店や、個人店でって場面。侍サイクルの独断と偏見がたっぷりまぶされています。

はじめてのお店。しかも小さい、個人店。ドキドキしちゃいますよね? それはもう、そうだと思います。SNSとかがあるから、少しは雰囲気がわかることも増えましたが、やっぱりよくはわからない。イヤな店だったらどうしよう? 売りつけられたりしないかな? って不安だと思います。

でもそれって、お店の人も同じ。どんなお客さんなんだろう? どうしたら喜んでくれるんだろう? ってドキドキ。だから… って。ちょっとだけ心がけてもらえると、いい感じになるかもしれないし、有益な情報を手にできたり、満足いく買い物ができたりして、得しちゃうこともあるかもしれません。

最低限はコミュニケーションしませんか?

まずは、最低限のコミュニケーション。

お店の人と目があったりしたら、「こんにちは」とか、「ちょっと見せてくださいね」とか、ひとことあるといいかもしれません。「声をかけられたくない」って声もありますが、やっぱり「こんにちは」って挨拶して、無視されちゃうとちょっと残念。

「何かお探しですか?」とか、「困ってませんか?」とかにも、無言じゃなくて何らか反応してくれると嬉しいです。「見てるだけです」とか、「ぶらっと寄っただけ」とか。

ハッキリ教えてください!

要望や希望、何に困っているか? 譲れない条件などハッキリ伝えてほしいですし、そうしたほうがいい。

「○○を探している」「○○してほしい」などは当然ですし、「急いでいる」とか、「予算はこのくらい」とか。思うところはいろいろ口にしてください。できる範囲ならお応えしますし、ムリなら「ムリです」とか、「○○ならできます」とお答えします。

要望が曖昧だとどう対応していいかわかりませんし、困っている状況がわかれば、融通をつけたり、別の方法を考えたりもできるかもしれません。

よく「持ち込み自転車は修理しない」という店もありますが、「旅の途中で困っている」とか、「転勤で移り住んできて、新しくお店を見つけたい」とかの事情がわかれば、対応してくれることもあるはず。ダメ元になっちゃうかもしれませんが、どういう事情があるのか? は、説明してみてもいいんじゃないでしょうか。

どのくらい知識があるかで話も変わります

「全然知らない」「イチから教えて」と言っていただければ、それはもうウザいくらいにイチからご説明します。でも知ってる感じがあると、端折ってお伝えすることになってしまいます。

だって、自転車のことよくご存じの方に「自転車は大きく、ロードバイクとMTBとクロスバイクがあってね」とか、「アルミ、クロモリ(鉄)、カーボンが素材としては一般的なんですよ」とか、お話するのは失礼じゃないですか。だから、基本知識はすっ飛ばしちゃう。

「いろいろ聞きたいのに…」って場合は、そう言っていただけると助かります。

「○○(ブランド名)の自転車がいいです」なんて、いろいろ調べてきていただくのもいいのですが、ほかの提案も聞きたい場合や、その選択がどうなのか? を聞きたい場合も、その旨教えていただくほうがいいかもしれません。「気に入ってるモノがあるなら、それでいい」って感じる場合もありますし、他のオススメは必要ないのかな? とも思いますから。

耳を貸してくれると嬉しいです

いろいろと考えてご提案やオススメをしています。

もちろん全部を受け入れる必要はありませんし、「違うなぁ」って思うこともあるはずです。でもある程度は耳を貸してほしいなぁって。

ダメな場合はどこがダメなのか、何が合わないのかも聞かせていただけると、次のご提案やオススメに役立ちます。

持ち帰ってゆっくり考えてください

「その場で決めて帰りたい」という気持ちもわかりますが、大きな買い物、重要な決断だったりもします。一度、持ち帰っていただいて、冷静になって決めていただくのもいいかと思います。

その場で勢いよく決めると、後悔につながりやすい気も… ですから「また来ます」「考えてきます」と伝えて、持ち帰ってください。迷っている時間が一番楽しいって話もありますので、そこはじっくり!

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。