お知らせ

勝手に点くか? 自分でスイッチを入れるか? リアライトにはそれが大問題だ

RIMG1954

リア(後ろ)ライトは、自動点灯タイプってのもありですよね? ってお話。

リアライトはどうして必要?

まずは、どうしてリアライトが必要か? ってことから。

道路交通法的には、赤い反射板さえついていれば問題ないとされています。でもこの反射板、ちょっと弱いんですよね。何が弱いか? といいますと、ライトで照らしてもらってはじめて威力を発揮するものだし、ある程度近づかないとダメだから。

自転車、とくにスポーツ自転車に乗るとき、主に車道を走る方が多いはずです。同じ車道を、自転車よりも速度が速いバイクやクルマも走ります。となると、彼らに対して「ここにいますよ!」って合図を発しなきゃ危ない。そのためには、反射板よりも自分で光るライトがいいんじゃないかな? ってワケです。

クルマやバイクに引っ掛けられる事故を減らすためにも、リアライトを使ってほしいと思うのです。

勝手に点くかどうかが大問題

リアライトにはいろんな種類があります。

が、ひとつの大きな違いは、「勝手に点くか」「自分でスイッチを入れなきゃダメか」というもの。

スポーツ自転車のフロント(前)ライトには、あまり自動点灯はありませんが、リアライトには自動点灯が多く用意されています。

自動点灯っていうのは、スイッチを入れておけば、必要なときに勝手に点いてくれる機能。周囲が暗いこと、動いている(振動がある)ことの主に2点を感知して、ライトをオンしてくれるってものです。

自動点灯タイプは、どうして人気なのでしょうか?

それは、自分で点けなくてもいいからです! って、当たり前やーん。ですが、ホントにこれって重要です。

自分で点けないパターンには大きく2つあります。

1つは、忘れちゃっている。もう1つは、面倒くさい。

点けるのを忘れちゃう

忘れちゃってるパターンは、もう言わずもがなです。

暗くなったら、リアライトを点灯させなきゃいけないんですが、すっかり忘れて走っちゃってる。

忘れてんですから仕方ないんですが、危なくって仕方ありませんよね? 暗くなってきたらスイッチを点ける。かんたんなようで忘れがちです。

ちょっとズレますが、「どのくらい日が落ちたら点けようかな?」と考える必要がないのもありがたい。ライトのほうで勝手に点いてくれるわけですから。

面倒くさいから点けたくない!

もう1つは、面倒くさいってパターン。

暗くなったら、止まったときにリアライトを点ける。これだけだったらそんなに面倒じゃないんです。じゃ、どんなときに面倒なのかといいますと、お昼に暗いところを通るとき。

そう、トンネルなんかを通るときには昼でもライトを点けます。フロントライトは基本的にハンドルについていますので、気軽に点けたり消したりできます。しかしリアライトはちょっと点けにくい。

だから、トンネルに入る前に止まって、自転車から降りてライトを点け、トンネルから出たらまた止まって、降りてライトを消す。これって面倒くさいですよね?

自動点灯なら、トンネルに入って暗くなったのを感知して勝手に点いて、出たら消えてくれるので、面倒じゃない。ありがたいなぁってことも多いようです。

まとめ!

リアライトがあったほうがいいのは事実ですが、自動点灯がいいかどうかはその人次第。

リアライトを選ぶときの参考にしてみてくださいね。

ちなみに写真で店主メカタが持っているのは、最近新しく出たCATEYEのPAPID3 AUTO。もちろん自動点灯タイプです。同じカタチで自動では点かないタイプもあります。

かなり明るめで人気のこのライト、選択肢に入れてくださいね。

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。