初心者さん向け情報

タイヤとチューブにもサイズがあります! 違うサイズを買って後悔しないために

失敗しないサイズ選び

自転車にはたくさんの消耗品が使われていますが、一番買い換えることが多いのが、タイヤとチューブじゃないでしょうか。

このタイヤとチューブにも、サイズがあります! ってお話

タイヤ・チューブにはサイズがあります

自転車のタイヤにも、チューブにもサイズがあります。

サイズ、忘れちゃった
え? サイズなんてあるの?

そんなお話もありますので、今一度。

  • タイヤ・チューブにはどちらもサイズがあります
  • 違うサイズだと使えません

タイヤやチューブを買う時には、事前にしっかりサイズを確認してください。

サイズは「大きさ(直径)」と、「太さ」の2種類を

そしてチューブはさらに、チューブ長もチェックしてください。

大きさ(直径)はとーっても大事

RIMGA1322 (3)

まずは大きさ(直径)。

27インチ」「20インチ」などのインチで表現する場合と、「700C」とか「650C」などと表現する場合があります。

ロードバイクやクロスバイクなどは700Cが標準的。

ちなみに写真のチューブは「700×18-23C」なので、700C用のチューブになります。

MTBはいろいろありますが、最近は27.5インチが流行っています。29インチも人気がありますね。

シティサイクル(ママチャリ)は、26インチか27インチが中心。でも24インチもよくあります。小径車はいろんなサイズがありますが… 20インチが一番多いかも。ちなみにBROMPTONは16インチです。

直径が違うと、当然使えませんので、まずはしっかり直径を調べてください。

太さも必ずチェック

次に太さです。

同じ直径でも太さが違うとタイヤやチューブの種類も変わりますので、こちらも確認必須です。

数が小さいと細くて、大きくなると太くなります。

700Cの場合なら、「700×23」「700×25」「700×28」「700×32」などがよくあるサイズです。

チューブはある程度、互換性があるように作られています。が、それでもきちんと確認しておかないと、ムダなお買い物になっちゃうかもしれません。

写真の「700×18-23C」は、18~23の間なら使えるってことです。

サイズはあってても… の罠

ここでむずかしいのは、同じ直径でも2種類あったりすること。

とくに20インチでよくあるのですが、20インチなのにタイヤやチューブがあわないってことがあります。

それはなぜか? というと、20インチにも数種類あるから。

同じ20インチのくせに、直径が微妙に違うってパターンがあるのです。よく聞くのは2種類、細かくいうと7種類にもわかれるんですって。

まぁよくあるのが「406」と「451」の2サイズ。この部分も超重要で、間違うと使えませんので、しっかりと確認してください。

サイズを知るにはどうする?

タイヤやチューブのサイズを知りたいときはタイヤに注目

どんなタイヤでも、タイヤのサイズと入れてほしい空気圧が書かれています。

その表記を見て「このサイズなんだな」とおぼえていただく。

わからなかったら自転車全体、もしくはタイヤ部分だけ外してお店に持っていけば大丈夫ですし、「サイズってどれですか?」って聞いていただけたらお知らせもします。

自転車の種類がわかれば、カタログやWEBでの情報からも調べることはできます。でもタイヤやホイールを変えておられる場合もありますので、情報を信じてしまうのも危険。やっぱり現物を見るのが一番です。

「サイズ? わからないや」と思ったあなたは、自転車やタイヤと一緒にお店に行ってみてください。

created by Rinker
シュワルベ(SCHWALBE)
¥737
(2020/10/24 20:17:07時点 Amazon調べ-詳細)
ABOUT ME
侍サイクル
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる。。。 そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。