車種別紹介 PR

この見た目に惚れちゃったんだ ARAYA「CXM」

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

楽しみのために自転車に乗るなら、パッと見て「カッコいい」「素敵」「好き」と思う自転車を選ぶのがいい

もちろん何でもいいわけじゃない

  • 最低限以上の安全性と性能
  • 身体にあったサイズ
  • 用途や希望にあった車種

必要最低限はクリアした上でになはなるけれど

パッと見て「人生のパートナーにしたい」と熱望できる自転車が良い

その点、ARAYAさんのこの「CXM」!

めちゃめちゃカッコいい! このカラーもいい! そう思うんですがいかがでしょうか?

見て愛せる、そしてもちろん乗って素晴らしい1台なんです

ARAYA「CXM」

CXM」はグラベルロードであり、かつミニベロ

ミニグラベルロード… とかいうんだろか?

グラベルロードは「悪路も走れるロード」といわれるけど、どちらかというと、現代版のランドナーと考えるほうがしっくり来るし、グッとも来るじゃないか

どんな道でも、どんな天候でもラクラク、ぐいぐい走ってくれ、荷物もたっぷり積める。そんな愛車なら、街乗りや買い物でも、冒険や旅にだって、大活躍してくれること間違いなし

さらに見た目もカッコいいなら、尚良しだ

小さいタイヤにだって意味がある。タイヤが小さい方が重心が下がるから安定感も増すし。タイヤが小さいとあちこちに余裕が生まれて、荷物を積みやすくなる

気楽な旅や、のんびりした冒険なら、こんな自転車こそがふさわしいのかもしれない

荷物もしっかり積めちゃう

ハンドルには「フレアハンドルバー」を採用

これはちょっと大きめのハンドルバッグが取り付けやすいように! との意味もある

荷物はリアに積めばいいけど、貴重品はいつも目に入る位置がいい

こんな感じのバッグを装着しても素敵じゃないかな?(現物合わせしてないので、サイズ的にOKかどうかは未確認ですが)

created by Rinker
ルートワークス(Route Werks)
¥32,780 (2024/05/26 07:02:39時点 Amazon調べ-詳細)

こちらのバッグは当然ですが、侍サイクルでお取り寄せできます

ちなみに下の方(ルートワークスの)は見本もありますので、気になったら見に来てください

ちなみにダブルレバーへの変更も可能。ARAYAさんの自転車っぽくて、そこもグッと来るね

太めタイヤでどんな道もぐいぐい

タイヤは 20×1.6 (41-451) サイズを標準装備

しっかり太めのタイヤで、舗装路も悪路も、どんな道でもガンガン走ってくれそうだ

フレーム形状的にはもっと太いサイズも入るなので、将来的にはもっと太いタイヤで…

なんてのも楽しそう

神は細部に宿るのだ

センタースタンド台座があったり

変速機の動作性能を考えた「サブシートチューブ」と呼ばれるチューブがついていたり

細かな部分にも心配りのある設計がまた嬉しい

「気が効いてるな」なんて思う機能があちこちに隠れているのも、魅力のひとつ……

なんていいつつも、とにかくこのデザイン、この見た目! カッコいいなぁ、ノリたいなぁ、ほしいなぁ~。そう思ったら選んでほしい

店頭に試乗車ありますので、気になったら見に・乗りに来てくださいね

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる… そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。