長持ちと安全のコツ

チェーンとスプロケットは セットで交換! した方がいい場合もあります

チェーンとスプロケット(後ろの車輪についてる歯車とか、ギアとかいう部分です)は、セットで交換した方がいいというか、しないといけないこともあります

この写真、なーんだ?

RIMGA1504

この写真はナンでしょう?

コタエは、スプロケットのトップギア です。自転車の変速をつかさどってる部分の歯車。「何段変速」とかいいますよね。自転車によって、それが何枚かあったりします。小さいの~大きいのまでありまして、それの一番小さいものです。

店主メカタの手もスプロケも汚くてすみません。ちなみに手前がまだ新しいもの、奥がずっと使っていたもの。

歯車の「山」の部分にご注目ください! 奥の歯車は、歯がすり減っちゃってるの、わかっていただけますでしょうか?

歯車が減るとどうなる?

スプロケット、もちろんできるだけすり減らないように硬い金属でできています。でもやっぱり、使っているうちに摩耗していっちゃいます。

歯車がすり減ってしまうとどうなるのか? コタエは単純、引っかかりが悪くなります。

この歯車にかかるものって何かっていいますと、そう! チェーンです。そのチェーンがしっかりかからなくなってしまう。そうすると、変速しようと思ってもちゃんとできなくなりますし、もっと削れると、ペダルを踏んでもなーんかスムーズに漕げなくなってしまいます。

乗ってるとガクガクする?

実はこの写真のスプとケットも、「なんか、乗ってるとガクガクするんです」って、持ち込まれたもの。原因を探ると、スプロケットがかなり摩耗していることがわかりました。ってことで、新しいのに交換! 

で、修理完了! ッて思いませんか?

セットでチェーンもお願いします

でも違うんです。

歯車だけじゃなく、チェーンも交換しないとダメ! な可能性が高いんです。

どうして歯車が削れるか? っていうと、そこにかかっているチェーンに問題がある可能性が高い。チェーンって、使っていると「伸び」てくるんですけど、その伸びたチェーンにあわせて、歯車も削れていっちゃうんです。ですから、歯車だけとか、チェーンだけ交換すると、かえって「余計悪くなった」ってことになっちゃう。

ですから、この場合はチェーンもチェックして、伸びていたら一緒に交換していただきます。

そうすると、走りもスムーズになります。

違和感をおぼえたら、自転車店に!

自転車に乗っていて、「ん?」と違和感をおぼえたら、どこかが悪い可能性が高いです。

人間の不調とか、風程度なら放置すれば治ったりしますが、自転車の不具合はどんどん悪くなっていく一方。

だましだまし乗っていても、問題が大きくなっちゃうだけ。ですから、「なーんかおかしい」とか、「前と感触が違うかも?」とか感じたら、一度チェックを受けてみるのがオススメです。

自転車店に行くのはかかりつけ医に行くのと同じ

そんなふうに思っていただけるといいなぁって思っています。不調や違和感があれば、「かかりつけ自転車店」に行ってください。

状況を説明してください

自転車店に行く場合も、医者にかかるのと同じです。

たとえば、お医者さんに行ったとしたらこんなふうに説明しませんか? 「熱があって、のどが腫れてます」とか、「お腹がシクシク痛みます」とか。もしくは「膝を曲げると痛いんです」とか、「腕をあげようとすると、痛くって上がりません」とか。それと同じ。

どうしたら or どういう時に

どんな不快な状況がある

もしくは

前とどんなふうに違う

そんなことを説明していただくと、原因追求がしやすくなります。

再現条件が知りたいです

たとえば「変な音がする」とかいう場合だとして、その音が出ないとどうしようもなかったりします。

だから「ずっとおかしい」じゃない場合は、再現する条件が重要です

どんな時に症状が出る」とか、「どうすれば症状が出る」とか、条件を見つけて来ていただけると、とっても助かります。

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。