ゆるサイクリング

のんびり輪行大津ライド 三井寺で仏像画鑑賞

20190403 三井寺サイクリング

2019年4月3日、輪行で大津まで行ってきました。

走った距離は「大津 → 園城寺(三井寺) → なぎさのテラス → 石山」と、相当短め

今回のテーマは「三井寺に行きたい」だったのと、強風で寒かったのでこんな感じ。

大津ポタリング、目指すは園城寺(三井寺)

20190403 大津輪行

まずは彦根からJRに乗って大津へ。

20190403 大津輪行

大津駅前で自転車を出して、輪行スタート。

この時まではいいお天気であったかかったのですが、ここからお天気が微妙に崩れ、4月だというのに「寒い、寒い」というはめに。

天台寺門宗の総本山「園城寺(三井寺)」

20190403 三井寺

園城寺(三井寺)」さんへ到着

駅からは3kmほどでしょうか?

「ポタリング」というほどでもないのですが、歩いて来るにはちょっと遠い。

20190403 三井寺駐輪場

駐輪場もしっかりあります。自転車は無料というのも嬉しいです。

三井寺は魅力たっぷり

20190403 三井寺仁王門

立派な仁王門を通って寺内へ。拝観料は500円

20190403 三井寺べんべん

最近は「べんべん」という名前のご当地キャラさんもいらっしゃるよう。

グッズもたくさん売られていました。

20190403 三井寺お茶席

名物は「力餅」。寺内のお茶屋さんなどでいただくことができます。

近江八景「三井の晩鐘」

20190403 三井寺三井の晩鐘

近江八景のひとつ「三井の晩鐘」として知られる鐘。

ひと撞き300円で撞くこともできます。

どなたかが撞いていらしたので、その音色も鑑賞できました。

20190403 三井寺の桜

この時期、桜はチラホラ咲きでした。

瀬口忍展&漫画家による仏の世界展

20190403 三井寺看板

2019年3月29日(金)~5月19日(日)は、金堂で『囚人リク』などで知られる「瀬口忍展」が

20190403 三井寺瀬口忍展

瀬口忍さんは、滋賀・大津出身。

生原稿の迫力がたっぷり楽しめます。こちらは無料。

観音堂書院では「漫画家による仏の世界展」が開かれています。

20190403 三井寺仏の世界展

古今東西の漫画家さん、イラストレータさんによる「仏画」展。

さまざまな解釈、画風で描かれた仏画がたくさん。こちらは500円。

20190403 三井寺レレレ観音

大津ポタリングを少し

20190403 琵琶湖文化館

三井寺を満喫したあとは、せっかくなので湖畔をポタリング。

湖畔サイクリングは楽し

このあたりは景色もいいですし、走っても楽しい(あたたかで、風があまりなければ…)

20190403 大津

なぎさのテラスでランチ

20190403 大津なぎさのテラス

ランチは「なぎさのテラス」にて。

個性豊かな4店舗が並んだゾーン。レイクビューのテラス席もある、おしゃれゾーンです。

テラス席でお食事やお茶もいいですよね(あたたかで、風があまりなければ…)

この日はイタリアンの「ANCHOVY(アンチョビ)」さんでパスタランチ。

20190403 大津なぎさのテラス

パスタは3種類から選べました。

せっかくだから、テラスで食べたかったけど… 寒いし、雨もちょっと降ってるし。。。 なので店内で。

本来なら、近江大橋を渡り、草津イオン経由で守山を目指したかったのですが…

風もきついし、寒いので、あきらめてのんびり石山まで走り、また輪行で帰りました。

漫画家による仏の世界展

期間 : 2019年3月29日(金)~5月19日(日)
時間 : 9:00~16:30
会場 : 総本山三井寺観音堂書院(滋賀県大津市園城寺町246)
料金 : 500円(三井寺拝観別途500円)

ABOUT ME
侍サイクル
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる。。。 そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。