自転車の基礎知識・疑問解消

電動アシスト自転車、長く使うにはどうする? メーカのサポート体制にも注目

電動アシスト自転車の注意点

最近増えてきた。電動アシスト自転車

彦根は割と平坦なので、「要らない」という人もいますが、あるとやっぱり便利です。

ですが、「使い続ける」ことを考えると注意していただきたいというか、気にしていただきたいことがあります。

電動アシスト自転車は「家電」に近い

電動アシスト自転車は、「家電」に近い部分があります。

自転車的な故障、つまりパンクだったり、タイヤが悪くなったりというトラブルなら、相変わらず自転車店が修理する部分です。

しかし電気的な部分の故障は、自転車店ではできません。メーカに送って修理することになります。

またバッテリーや充電器も、メーカが製造・販売するものです。独自規格が多く、基本的にはメーカから買うしかありません。

部品供給がなくなったらアウト

要するに、メーカからの部品供給がなくなったらアウトです。

電気的な故障はもう修理できませんし、バッテリーや充電器も新しいものは手に入らなくなります。

故障したり、バッテリーの「もち」が悪くなったら廃車にせざるを得なくなってしまいます。

ここがまず注意点です。

侍サイクル
侍サイクル
ある程度で使えなくなるということをご理解ください

最近「バッテリーが製造中止」 → もう乗れない というケースが多発しています。が、どうしようもありません。

一応、説明書などには書いてると思われますが… ここはご理解ください。

何年くらいで使えなくなるの?

電化製品の部品保持は、法律で「製造終了後7年」と決まっています。

しかし、電動アシスト自転車についてはその決まりがありません。

つまり「メーカの良心頼み」ってことです。

侍サイクル
侍サイクル
保持期間は10年かもしれませんし、もっと短く3年とかかもしれない。法律がないんですから、メーカ次第です

大手の日本メーカはある程度は保持してくれるところが多いようですが、そうじゃない会社のものは不明です。

ついでにいうと「撤退」「倒産」などがあると、保持期間とか関係なくなりますので、明日急になくなる可能性もあります。

「そんなに乗らない」って言うけれど

よく「そんなに乗らないよ」というお話も聞きます。

が、彦根だからか、全国的になのか? 自転車の使用年数は長いです。シティサイクル(ママチャリ)でも、10~20年乗っている方も多いですし、電動アシスト自転車は高価なので余計に。

高いんだからそんなにすぐすぐ買い直せない
乗ってる距離はちょっとなのに!

なんて声もあります。

結構長期にわたって乗り続けることが多い、電動アシスト車。

御本人はそんなに乗らなくても、家族や親族が使われたり、中古で売買されたりすることも多いです。そう考えると、ある程度以上の長期利用を想定しておくことをオススメします。

バッテリーの耐用年数

電動アシスト自転車のバッテリー。年々耐久性も、容量もアップしています。

毎日充電しても○年もちますから安心

なんて説明を聞くこともあります。

これは正しいというか、メーカの見解として正当な数字ではあります。でも、実際に使っていくと、この数字とはほど遠い期間でバッテリーのもちなどが悪くなることも多いです。

侍サイクル
侍サイクル
なぜなら、この数字は「正しい使用方法で」という話だからです

正しくない使用方法とは?

たとえば「正しくない使用方法」というのはこんな感じ?

  • 高温・低温状態での使用・保存
  • 風雨にさらす、濡らす
  • 湿度が高いところで使う
  • 落下等、衝撃を与える
  • 説明書通りの充電方法を取らない
  • 過充電・過放電
  • 充電タイミングが良くない
  • 充電しない期間が長期間ある

詳しくは、説明書をよくお読みください! ではありますが、とくにシティサイクルの電動アシストの場合、「正しい使用方法」を守っている人って、すごく少ないと思われます。外駐輪していると絶対アウトですし。

そうなると、最大限の耐久性を発揮するのは無理ということになります。

長く使いたいなら?

バッテリーをできるだけ長く使いたいなら、「説明書をよく読んで、その通りに使ってください」一択です。

それが一番長持ちさせる方法。ご使用中の方は、ぜひ説明書、とくに「使用上の注意」部分の再読を。

 

スポーツ自転車タイプ(e-bike:イーバイク)の場合は?

e-bike」の場合はどうか? といいますと…

e-bikeとは

本来は「電動アシスト自転車」全般のことなのですが、一般にはスポーツ自転車タイプの電動アシスト自転車を指す言葉。
ファンライドを楽しむもの~本格スポーツに使う、電動アシスト自転車をいうようです。

明言、明文化はされていませんが… 「スポーツ自転車のポテンシャルを発揮するなら、車体は相当長く見積もっても、10年は乗らないでしょう」という見解のよう。

ですから「ある程度乗ったら買い替えだから、バッテリの買い替えや部品の保持など、あんまり関係なくない?」 という感じです。

まだ「e-bike」といいはじめてから日が浅いですが、数年後にどうなっているか? 誰にもわからないような気がします。

電動アシスト自転車を長く使いたいならどうする?

できるだけ長く使いたいなら、この辺りにご注意を。

  1. 大手メーカのものを選ぶ
  2. 激安は避ける
  3. 中古自転車には要注意
  4. 説明書をよく読んで使う
  5. メンテナンスもそれなりに
  6. 諦めも肝心… かも

1. 大手メーカのものを選ぶ

安心感でも、性能でも、やっぱり大手メーカをオススメします。

修理や部品の供給体制もしっかりしていますし、問い合わせ窓口や説明書などユーザビリティも充実。これってやっぱり安心です。

倒産や撤退の可能性も(少しは)低いですし、サンヨーの電動アシスト車の互換パーツをPanasonicが出しているなど、何か合った場合も救済策が準備されやすいと思います。

2. 激安は避ける

上と同じような話ですが、激安品はメーカの体制が整っていない場合が多いように思います。

また「使い捨て」を想定しているのか、そもそも修理ができなかったり、修理できる範囲が狭かったりということも少なくないようです。

自転車本体の性能もそれなりですし、時に錆びやすかったり、耐久性が低かったりということもあります。

安全、快適に長く乗ることを考えると、激安品は避けたほうがいいと思います。同じく通販も…

3. 中古自転車には要注意

お値段が高いものなので、中古で買われる方も多いようです。

が、買われたのは最近でも、自転車自体が古いなどでもう部品が手に入らないことも…

買った日には動いていても、すぐ壊れるケースもあります。

全体に「割が合わない」と思われる話を多く聞きますので、中古についてはより要注意です。

4. 説明書をよく読んで使う

上にも書きましたが、「説明書はよく読んで」。

これは何でも同じですが、電化製品ですからよりよく読んで、正しくお使いください。

5. メンテナンスもそれなりに

シティサイクルをメンテしない方も多いですが、定期的なメンテナンスは大事

買ったお店にたまに持ち込んで、メンテしてもらうようにしてください。

電気部分も、自転車部分も、長持ちのコツはメンテです。

6. 諦めも肝心… かも

そうはいっても、使っていれば悪くなってしまうもの。

そもそも、今どきの自転車も家電も「10年使う」なんてこと想定していません。

電動アシスト自転車は高価なので、勿体無い! というのは重々理解しますが… でもある程度は諦めも必要だと思います。

「直して使う」時代じゃ、なくなっている部分もありますしね…

買うのはちょっと… という方は、レンタルなんて手もあるみたい。

都会だけなので、滋賀は範囲外。

侍サイクルでも、「子供乗せ電動アシスト自転車」のレンタルにチャレンジしたいなぁという気もあります。



ABOUT ME
侍サイクル
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる。。。 そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。