自転車店とおトクに付き合う

パーツの持ち込み…… かえって「高くつく」こともあるかも!?

持ち込みで作業を頼んだ場合、割高になる可能性があります! ってお話。割高になるどころか、断られる可能性もあります。

今回の「持ち込み」は自転車本体じゃなくて、パーツのお話です。

お値段面では「持ち込み」ってお得じゃないかも

たとえば、タイヤ交換をしたい! とします。自転車本体を買ったんじゃないお店に、他所で買ったタイヤを持ち込んで「取り付けだけ」お願いしたいという場合もあるんじゃないでしょうか。

ご自分で取り付けまでされるなら問題ないんですが、「取り付けは頼みたい」って場合は、ちょっと注意が必要です。とくに「お安くパーツ類を買いたい」という、「お値段面」での持ち込みをされる場合は、ガッカリしちゃうかもしれません。

お断りされちゃうケースも

まずは、「できません」「やってません」とお断りされるケースがあります。

持ち込みの自転車はすべてお断りってお店もありますし、パーツの持ち込みは不可ってところもあります。だから、そもそも請けてくれるお店を探すところからかもしれません。

工賃には差がつくことが多いですよ

「大丈夫ですよ」って場合でも、料金が変わることがあります。ありますってか、多いです。

「持ち込みだから高くなった」という人もいますが、厳密にいうと「高くなった」わけじゃありません。自転車を買ってくれた場合、パーツを買ってくれた場合に「割引」になるから… という考え方のはずです。

だから持込の場合、工賃がすごく割高になることが多いです。たとえば、店で買うと5000円のタイヤを、お安く4200円で買ってきたとしましょう。お店で買うと「タイヤ5000円、取付工賃1000円」で合計6000円です。でも持ち込みの場合「タイヤ4200円、取付工賃2000円」で合計は6200円、とかね。

せっかくお安くしようと思ったのに、安くなんないってことあります。複雑な作業ほどあると思います。

送料や手数料の分だけ損しているかもしれませんし。なかには「このタイヤ合わないですよ」って場合もあるかもしれませんし。。。 またいつものお客様なら「工賃サービスしときますね」で、「タイヤ代のみ5000円」になるなんてケースもあるかもしれません。

「だから自転車店ってさ」と思うかもしれませんが、多くは個人商店。はじめてさんでも高くはなりませんが、おつきあいの度合いや、どのくらい買ってもらってるか? で安くなることは多いです。それは自転車店だけじゃなくて、個人商店ならあることだと思います。

明朗会計じゃない…… 店もありますけど、大体のお店はそれなりに明朗会計じゃないでしょうか。ちゃんと料金表はあって、そこから安くなることもあるってケースだったり、作業の前にお値段の説明はあるけど、持ち込みとそうじゃないもので差があるだったりするだけですから。

いろんなビジネスモデルもありますが…

だから、パーツでもなんでも「何でも自分でやるよ」って人じゃなかったら、お店で買ったほうが最終的にはお安くなった… なんてことも少なくありません。とくに「自分ではできない」方は、多少の差だったら持ち込みは損するんじゃないかな? なんて。

何度も書いていますので、今回は書きませんが「持ち込み品はリスキー」なことも多いですし、正直なところ嫌がられることはあっても、歓迎はされないんじゃないですかね? とくにその店でも扱っているものの場合は。

それを逆手に取って「持ち込み歓迎」ってお店もあるはずです。そういうビジネスモデルもいいかもしれませんね。

侍サイクルは、持ち込みは基本歓迎ですがやっぱり工賃には差はありますし、モノによってはお断りするケースもあります。料金やリスクは事前にお伝えしますので、「高い」「面倒」と思うなら、お断りいただくのがいいのかな? と思います。

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる。。。 そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。