自転車店とおトクに付き合う

自転車とノルマのお話 最終回? 厳しすぎるノルマはお客さまのためにならないんじゃない?

RIMGA1129

自転車とノルマのお話。これで一応最後… かな?

ノルマはみんなの幸せのため!?

「ノルマ」は仕方ないモノでもありますし、ある程度は必要なモノなんじゃないかな? と思っています。

ノルマがまったくなかったら、どうなるのか? 誰でも1台から自転車が注文できちゃうことになります。

それってちょっと怖い話。

だって、自転車店を開くには、何の資格も、経験も必要ないので、誰でも自転車店を名乗ることができるからです。

だから、何かで制限をかけたり、審査したりしてから自社の商品を扱ってもらうようにしないと、メーカーさんやブランドの価値を下げたり、利益を減らしたりする可能性があるんじゃないのかな? って。

そう考えると、取引先をある程度厳選して、そことしっかり深いお付き合いをするのが、メーカーさんやブランドのためでもあるし、お店のためでもある。お互いのためだし、お客様のためでもあるんでしょうね。

ですから、ある程度のノルマはあるほうが、みんな幸せなのかもしれません。

でも、厳しいノルマってどうなの?

でも、でも! なのです。

あまりにも厳しいノルマとか、広大なエリア制がホントに必要なのか? には疑問があります。

自分たちが扱えないからどうこうじゃなくて、あんまりお店を厳選し過ぎると、お客さまにとって不便じゃないの? って。「欲しいなら他府県でも、100km先でも行きなさいよ」って態度でいいのか? と思いますし、故障や破損のときにだって困りませんか?

またノルマがあんまり厳しいと、どうしても専売に近くなる傾向が出てきます。「このお店はAブランドだけ」「こっちはBブランドだけ」って形式。これって「Aがほしい」って人なら全然いいんですけど、いろいろ比べて決めるのも、お買い物の楽しみ。そう思うと、お客さまから楽しみを奪ってんじゃないの? とも思うのです。

ノルマがキツイところって、「他メーカー・ブランドの自転車と比べてほしくない」ってことなんじゃないでしょうか? 比べられると負けちゃう、だから比べさせたくないし、囲い込みたい。お客さまのことなんか知らない、うちのだけ買ってりゃいいんだ! って。

総合的に選びたいのに…

たとえば、化粧品がほしいとき、「資生堂がいい」「シャネルがいい」みたいなのってあります。

そういう「好きなブランド」「ほしい商品」が決まっている方なら、まっすぐにお目当てのブランドに行けばいいですし、そのブランドを扱っているならどこで買ってもいいんです。

でも「全部の中で、一番自分に合うファンデーションがほしい」って思う人もいる。そういう人って、化粧品に詳しい人にアレコレ聞いて、最良の商品を選んでほしい。いやまぁ、少なくとも奥方はそう思います。

それなのに専売だと困っちゃう。どこのブースも自社の商品をすすめるばかりで、「一番合うのがほしい」って希望に応えてくれないからです。当たり前です。A社のブースなのに、「B社のもののほうが、あなたに合いますよ」なんて言うのは、それはそれでおかしいですから。

だから最近はデパートの化粧品コーナーでも「総合案内」的な場所ができていて、そこで「こういう商品がほしい」と相談したりできるようにもなっています。

本当は自転車店ってそういう場所。そういう期待をしていく場所じゃないでしょうか? いろんな取り扱いメーカーから、希望や使い方、予算、好みなどを聞いて。「あなたに合った1台」を一緒に選んでくれる… そんな場所じゃないのかな? って。

お客さまのためになってるの?

そう思うと、あまりに取り扱い店舗を限定したり、重いノルマを課したりするところは、そういう選び方を拒否しているのかも。そんな穿った見方をしてしまいます。

すごく有名で、たくさん広告を打っているのに。いろんな雑誌やムックにたくさん紹介されているのに。あまりに取り扱い店舗が少ないメーカーや、専売に近いようなお店ばかりが目立つメーカーは、お客さまのことを考えていないんじゃないの? なんて。

小さい店の負け惜しみかもしれませんが、そういうあまりに広いエリア制や、厳しいノルマのところとは、今も、そして将来も、あんまりお付き合いしたくないなぁ。そんなふうにも考えてしまうのです。

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。