MENU
自転車店とおトクに付き合う

もしかして新車買えません? シティサイクル(ママチャリ)の修理って、費用が…

写真 2016-01-26 22 24 29

シティサイクル(ママチャリ)の修理って、すごく費用が高く付きます! ってお話。

写真は毎度、まったく関係のない店主メカタの写真。先日の、気持よく飲んだくれてた日…

放置してた自転車を直すのは大変!

さて!

この時期、「今までまったく乗ってなかったんですが…」ってシティサイクルが持ち込まれることが増えます。

寒くて数ヶ月乗ってなかったって話じゃなくて、数年単位で乗ってなかった自転車が持ち込まれるんです。

正直、キレイな状態じゃありません。屋外に放置していたのかな? っていうのもあります。

「修理できますか?」
「いくらかかります?」

って聞かれます。修理はできることが多いです。お金にイトメをつけなければ、ほとんどの場合は乗れるようになります

でも… ホントに高くかかるんです。

・タイヤとチューブ、リムテープ前後交換
・ブレーキシュー前後交換
・ブレーキレバー交換
・ベル取付
・ライト交換
・ワイヤ交換
・チェーン交換
・グリップ交換
・サドル交換
・カゴ交換

あとはグリスアップと、注油と、サビ落としもしたいですよね? 

なんてやっていると3万円ではきかなくなってもビックリしません。ホントに全部やったら、5万円くらいかかったりするかもしれません。こんなに一気に全部とかやらないので、計算したことありませんが、部品代も結構かかりますし、工賃だってばかにならない。

新車変えますけど、ホントに修理します?

シティサイクルって、侍サイクルの近くではまだ1万円以下で売っていたりします。近くの大手ホームセンターのオリジナルは2万円くらい。

そんな価格で新車が買えるのに、本当に修理しますか?

愛着のある大事な自転車ならいいんです。でもそうじゃないから放置されていたんじゃないか? と思うのです。修理したって新品にはなりません。だったら… ってことです。

「見積もり出して」って言われることが多いのですが、「高くなりますから、新車買えますよ」ってお伝えしても、「見積もってくれ」っていうから出したら、「こんなにするの!?」ってことが何件かありまして… ちょっとナイーブになっています。

「だーかーらー、言ったや~ん」としか言えないのですが、見積もりにも労力がかかりますので、どうしてもヤサグレてしまうことにご理解いただけますと幸いです

「もったいない」のはとってもよくわかります。だから、「どんどん捨てて、どんどん買え」なんて思いません。が! ってお話。長く放置されているシティサイクルは、再生はむずかしいかも。そうお考えください。

事故の場合も同じです!

事故の場合も同じです。

シティサイクルの事故は「新しいの買ったほうが…」になりがちです。

少なくともホイールが曲がっている場合は、最低でもホイール代で5000円くらいかかります。それ以外の部分にも事故の影響が及んでいることが多いですから、やっぱり1万円~2万円くらいのお見積りになるんじゃないでしょうか?

そうなると、やっぱり新しいのを買ったほうがいいってお話になります。

事故の相手がいる場合は見積もりを出してはじめて交渉スタートなので、修理見積もりが必要なのは理解できます。でもそうじゃなくて自損事故の場合は、「どうしても、これに乗り続けたい」という強い気持ちがなければ、新車購入の路線を検討していただくほうが、いいんじゃないかな? と思ったりします。

「見積もりは出さない」
「修理はしない」

というのではなく、あくまでも「すごく費用が高くなるんで、お値段とか考えると新車買ったほうが…」って場合が多いですよってお話。

まとめ!

エコなあなたや、大好きな愛車に乗ってらっしゃる方は、もちろんできる範囲で修理して乗ってくださると、嬉しいなとは思います。

修理しないとか、できないとかじゃないんです。喜んでします! でもね…

修理費用が高くなるんで、「買ったほうが安い」になりがちですから、最初からそっち路線で考えたほうが。。。

歯切れ悪くなっちゃいますが…

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。