MENU
お知らせ

自転車を盗まれないためにどうする? 2台も盗られた侍サイクルより

RIMG2042

自転車を盗まれないために、どうすればいいか? ってお話。

自転車を盗られないために!

昨年、自転車を2台も盗まれた侍サイクル。まだ見つかりませんし、正直もう見つからないと思っています。

そして侍サイクルの近所には「盗人(ぬすっと)通り」と呼ばれているほど、自転車盗が多い通りもあるのだとか。なんて不名誉なんでしょう! そしてそのウワサに、さらに信憑性を与えてしまったような気もします。

さて、そんな侍サイクルから、自転車を盗まれないためにどうすればいいか? ってお話です。

自転車を盗まれないために、一番効果的なのは???

自転車から目を離さないこと

屋外に駐輪しないこと

これしかありません。

ポイントはコレ?

どんなカギでも必ず壊れます。切れない、壊れないカギなんて、多分ですがありません。時間をかければ切れちゃいますし、自転車を単独で止めていたら持って行かれます。ですから、外に置かない、目を離さない。これがキホンになります。

家の中、もしくはシャッターの下りる駐車場など、「屋内」と呼べるところに置きましょう

できるだけ目を離さない。店に入る時も1人外に置くとか、外が見える席に座るとか

目を離す時間は最低限に

侍サイクルは外にも自転車ラックがありますが、気になる方は店内に持って入ってもらってOKです。ガラス張りなので外も見えていますが… 気になる人は気になりますし、現にお店の自転車盗られてるし。目を話したくない人は持って入ってくださいね。

カギもやっぱり大事

外に置かない、目を離さない。この原則は守って、そのうえで「カギ」の話だと思われます。

RIMG1799

基本はこんな感じ。

短時間でも必ずカギを!

お店に入るときにも施錠する

頑丈なモノを選ぶ

複数本を使うのもいい

カギをかける場所には気をつけて(ホイールだけ残して盗られないように)

地球ロックはすべし(動かないものに固定する)

カギの選び方にもひと工夫

これをふまえて、どんなカギがいいのか? といいますと…

1. ある程度長いもの

120cm~180cmくらいのものが比較的長め。組み合わせにもよりますが、1本は長いものを使ってください。

フェンスや柱などの動かないものと自転車をつなぐ「地球ロック」。これもつなぐ場所をよくよく考えて、ジャマにならないようにしないといけないのですが、その地球ロックをする場合でも、長めが必須。

2. 異素材使いがいい

金属に布が組み合わさっているとか、金属とシリコンとか、異素材が組み合わさったカギのほうが、切りにくいといわれます。

ですから、できるだけ異素材使いを選んでください。2本以上のカギを使う場合でも、違った素材のものを選ぶといいんじゃないでしょうか?

3. 太いもの、頑丈なものがいい

切られない、破壊されないためには、それはもう太いもの、頑丈なものがオススメです。とくにいいのは、原付などによく使う「U字ロック」これはもう破壊されにくいのに定評があります。ただし短いですので、別のカギとの組み合わせ必須。

ほかにも頑丈で有名なカギもありますので、そういうカギの活用も検討材料のひとつかもしれません。

4. 持ち運びにも気をつけて

頑丈なカギはお値段も高い! のはいいとして、重いですし、かさばります。

せっかく自転車で軽快に遊びに行くのに、重いカギを持つのはどうか? という考え方もあります。

丈夫さと重さと、そのバランスを考えるのも大切です。

まとめ!

基本は目を離さないこと。

目を離すときは、しっかり施錠を!

基本なんですけどね、やっぱり大事です。

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。