身につけるもの

失敗しないヘルメット選びのコツって? 基本の4ポイントとオススメブランド 

ヘルメット選びのコツ

スポーツ自転車に乗るときに、ぜひ! ぜひに! 準備していただきたいのがヘルメットです。

とくにロードバイクやMTBの人、軽快に走りたい人には必須です! 

ヘルメット選びってむずかしい

RIMGA1050

でも、ヘルメットってむずかしい。何がって? 頭にあったヘルメットを探すのがむずかしいのです。

サイズだけじゃわかりにくい

サイズは一応あります。「M」とか、「L」とか。「M/L」と「L/XL」とかも多いですね。

カタログとかWEBを見れば大体のサイズ「55cm」とか「60cm」などが書かれていますので、頭の周りを測ってサイズを合わせることになります。

でも! でもなんです。それだけじゃぁダメ! ってところが、ヘルメット選びの難しさ。

どういうことか? といいますと、頭のカタチが人によって違うってことです。

頭のカタチに合わせて選ぼう

頭って丸いですけど、真円じゃありませんよね。人によってまん丸に近かったり、楕円形だったり。個人差も大きいです。

一般的に日本人を含むアジア人はまん丸に近く、欧米の人はアーモンド形に近いといわれます。が、やっぱり人によります。

頭のカタチによって、ヘルメットには「合う」「合わない」がありますので、自分の頭のカタチをなんとなく把握しておくと便利です。

侍サイクル
侍サイクル
柔らかい帽子だとどんなカタチでもフィットしてくれますが、硬いヘルメットの場合はフィットしない。だから難しいんですよね…

メーカによってカタチの傾向があります

メーカによってヘルメットのカタチには傾向があります。

ブランドAは丸に近く、ブランドBはアーモンド形に近いっていう感じ。ただし、アーモンド形のブランドの中には「アジアンフィット」などの名前で、丸に近いものを出しているケースもあります。

ですので、できれば試着するのがオススメ。ブランドごとに試着して「ここのは合うな」ってものがあったら、サイズを覚えておく。そのブランドのなかからデザインやお値段的にイケてるのを選ぶっていうのが、オススメの選び方です。

アジアンフィットって意外と…

RIMG1686

「日本人はアジアンフィット」みたいに思っている人もいますが、実際のところどうなんでしょう?

意外とアジアンフィットが合わない方も多いような…

「アジアンフィットがいいに違いない」「日本人なんだから頭は丸い」って決めつけない方がいいような気がします。個人差が大きい部分ですので、「こうだ」って思い込まないのが大事かもです。

侍サイクル
侍サイクル
店主メカタも、意外とアジアンフィットじゃないほうが合うんですよね…

ヘルメットを選ぶコツ

RIMG1685

ヘルメットを選ぶときは、こんなところをチェックしてください。

  1. 頭が入って、どこも痛くない
  2. 見た目が許せる程度に気に入っている
  3. そこそこ長時間かぶってもストレスが少ない
  4. 買い替えの際にガッカリしない程度のお値段

1. 頭が入って、どこも痛くない

これはもう基本中の基本。

痛くなる場所は人によって違いますが、こめかみ辺りだったり、頭のてっぺんだったり。

締め付けていると必ず痛くなりますので、フィットしつつもキツくないのが大事です。

アイウェアとの干渉などもチェックしてくださいね。

2. 見た目が許せる程度に気に入っている

サイズ感だけじゃなくて、見た目もやっぱり重要です!

キノコみたいになっちゃうのは、あんまりオススメできません。

かぶった感じ、形や色などのデザイン、顔や髪型、アイウェアとの相性、自転車とのコーディネートなどチェック!

3. そこそこ長時間かぶってもストレスが少ない

ストレスがないってことはありえませんが、「痛くない」以外にも、いろんなストレスポイントをチェックしましょう。

「重くない」「ムレにくい」など、かぶり続けても不快感が少ないものを選ぶのがやっぱり重要です。

あご紐との相性や、かぶったときの視界の確保などもチェックポイントかもしれません。

ただ、軽いもの、ムレないものは、お値段も高くなりますので、いい感じの妥協点をみつけてくださいね。

4. 買い替えの際にガッカリしない程度のお値段

ヘルメットの寿命はメーカー曰く3年。転倒するなどしてヘルメットに衝撃が加わったら、使用1日でも廃棄になります。買い替えになっても腹が立たない程度の金額というのも重要なポイントです。

お高いものは4~5万円なんて世界。

ヘルメットを廃棄するときににこやかに買い替えできるかどうか? もポイントです。

侍サイクル
侍サイクル
侍サイクルでは1万円前後くらいのものをオススメしています

こんな感じで選んでいただくと、失敗が少ないと思います。

オススメのブランドは?

いろんなブランド、メーカがありますので目移りしてしまう。

お店でオススメしているのはこんなブランド。日本人にも合いやすいモデルです

OGK KABUTO(オージーケーカブト)

大阪生まれの「OGK KABUTO」。

ラインナップもとっても豊富、お値段も控えめなものから、高級路線までさまざまです。

お値打ちモデルもありますので、悩むならまずはOGKを! という感もあります

created by Rinker
OGK KABUTO(オージーケーカブト)
¥4,999
(2022/01/21 06:03:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
OGK KABUTO(オージーケーカブト)
¥4,470
(2022/01/21 10:47:01時点 Amazon調べ-詳細)
侍サイクル
侍サイクル
これも合う人がすごく多いヘルメット。迷ったらココ! で、間違いないんじゃないか? とも思います
OGK最軽量 たった170gのヘルメット「FLAIR」 試着は店頭でKabuto史上、最軽量! 驚異の軽さを実現した「FLAIR」ってヘルメットがやってきました。 「S/M」サイズ、「L/XL...
普段乗りにも使いやすいヘルメット
ヘルメットって、イケイケではずかしい! って方へ、こんなヘルメットはいかが??自転車に乗るとき、一番大事なのは安全! ケガしないこと、事故らないこと、誰かに損害を与えないこと… そのうえに、楽しいとか、速いと...
OGKヘルメット「VITT」
お手頃価格のシールド付ヘルメットなら? OGK「VITT」メガネさんには絶大な恩恵がありますし、そうでなくても嬉しい人が多い「シールド(バイザー)付ヘルメット」 OGKさんから発売されたお...

bern(バーン)

アメリカボストン郊外で誕生したというヘルメットブランド「bern」。カジュアル路線で、ストリート系スポーツのユーザさんにも人気で、2021年のオリンピックにも多数採用されていました。

街乗り系自転車との相性がいいので、のんびり乗りたい方にもオススメ。

サイズがたくさんあるものも多いので、まずは試着を

侍サイクル
侍サイクル
大人から子供まで幅広いラインナップなのも特徴で、子供さん用モデルがとにかく可愛い
created by Rinker
bern(バーン)
¥8,600
(2022/01/22 03:53:10時点 Amazon調べ-詳細)

悩むならかぶってください

で、結局かぶったほうがいいの? どうなの? と思った方にはこちらを

自転車のヘルメット かぶる? かぶらない? 結局どうする?自転車のヘルメット 「かぶったほうがいいですか?」と聞かれます ぜひかぶるべきです! というのも正解ですし 悩むくらいなら...
ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。