初心者さん聞いて!!

グローブってなぜ必要? グローブの意味とおすすめに出合う選び方

グローブの選び方

サイクリングシーズン到来!

そして夏に向けて!

グローブ(手袋)の在庫を増やしました

サイズも種類もいろいろありますので、試しながら選んでください。

侍サイクル
侍サイクル
自転車に乗るときはグローブをしたほうがいいですよ

一般的にそういわれますし、自転車店もいいます。

でも、どうして必要なの?
別になくてもよくない?

でも、こんなお話を聞いたりもします。

侍サイクル
侍サイクル
使っている理由は人それぞれだけど、あるとすごくいい!

そう実感していますので、グローブがあるとどういいのか? そしてどう選べばいいのか? をご紹介します。

グローブがあるといい理由5つ

グローブがあるといい主な理由は以下の5つ

  1. 手の痛み止め
  2. 滑り止め
  3. 汗対策
  4. 寒さ・日焼け対策
  5. ケガ予防

1つずつご説明します。

手の痛み止め

自転車に乗っていると、手が痛くなります

身体の体重を手で支えることにもなりますし、自転車が地面の凸凹を拾って手にも衝撃や振動伝わります。

またハンドルを強く握りますので、それも痛みの原因になります。

痛みを予防、軽減するためにパッド付きのグローブが役立ってくれます。

滑り止め

素手でグリップ(ハンドルの握り)を持つと汗や脂で滑ります

それを防止するのもグローブの役割です。

自転車用のグローブにはさまざまな滑り止めがついています。

グリップやブレーキにかけた手や指が滑って誤操作してしまわないように!

汗をかきやすい人や、手が小さめの人は、とくに滑り止めを意識してください。

汗対策

手にかいた汗で滑るのを防止

また顔の汗などをグローブでぬぐう機能も

親指の付け根あたりだけ、タオルっぽい素材が使われていることもありますが、これは汗などをぬぐうのに都合がいいようにです。

寒さ・日焼け対策

寒さ対策や、日焼け止めの要素もあります。

冬は本当に指先が冷えるので、冬用の手袋を! カイロが入れられるようなグローブもあります。

グローブをしているだけで日焼けはある程度抑えられますが、UVカット素材なども出ていますので、適宜利用を。

ケガ予防

転んだときなど、どうしても手をついてしますます。

そんなときにケガを予防したり、軽減したりする効果も!

グローブに穴は開いたけど、ケガはなかったなんてとき、グローブの恩恵受けてます。

どんなグローブを選ぶ?

どんな手袋でもいいんでしょ?
滑り止めつきの軍手でも使うか
侍サイクル
侍サイクル
自転車用のグローブでないとダメってことはないけど、専用品のメリットはあります

軍手でもいいのですが、専用品のメリットはやっぱりあります

たとえば…

  • 滑り止めや衝撃吸収パッドがついている
  • 手にピッタリしているから操作する時に邪魔にならない
  • 吸湿や速乾、UVカットなど高機能素材が使われている

メリットを感じられたら、自転車用グローブを検討してください。

グローブにはさまざまな種類がありますので、1年中自転車に乗る方なら1つでまかなうのは、むずかしいです。

季節にあわせてじわっと買い揃えていただくことになります。ただ、人によっては「夏は乗らない」「冬は乗らない」などもありますから、必要にあわせて選んで、買い増してください。

  1. 夏用(指なし)
  2. 3シーズン用(指あり)
  3. 冬用
  4. 真冬用

こんな感じで使い分けている方が多いような? もっと細かく分けている方もいますし、もっと少ない方もいますので。そこはひとそれぞれです。

店主メカタ
店主メカタ
普段遣いの3シーズン、指なしは厚手、薄手の2種、MTB用、冬用、真冬用、温度調節用のインナーグローブなど、たくさんあります。何でも試してみたい派なので
マネジャー雅
マネジャー雅
日焼けが嫌なので、指なしは使いません。真冬は乗らないので、3シーズン用と冬用の2種類を使ってます

指が短いのでパッドは極力薄く、もしくはナシで。指先の滑り止めはすごく重視してます

なんて。

さて、グローブの選び方。ポイントはたくさんありますが、大きなものは以下の5つ

指の長さ

最初に考えるのは指の長さ

基本は、指があるか? ないか? です。

冬は寒いので「指あり」一択でしょうが、夏は「指なし」を選ぶ方も増えます。

指なしのメリットは?

  • 操作性がよくなる
  • 涼しい

逆にデメリットは?

  • 指先のケガ予防ができない
  • 手袋の脱着がしにくい
  • 指だけ日焼けする

好み部分も多いですので、メリットとデメリットを考えて、お好きな方を選んでください。

「いいところどり」も

第1関節だけが出た、こんなモデルもあります。

女性用ですが「いいところどり」な感じがします。

パッドや滑り止めのカタチや量

グローブの手のひら側には、衝撃吸収用のパッドや滑り止めがついています。

  • 位置
  • 機能

そんなところをチェック。

パッドはたくさんあった方がいい気もしますが、「グリップを握った感触や操作性が悪くなる」と多めのパッドは苦手な人も。

でも、「自転車に乗っていて手が痛い」って方はパッド多めがオススメです。

指や手の小さい人は、パッドを厚くするとグリップが握りにくくなりますので、「ちょうどいい」を探してください。

滑り止めも、どの辺りについているか? で、握り心地が変わります。指の短い方は指先に滑り止めがしっかり付いている方がいいかも。

軍手っぽいけど専用品

軍手っぽいグローブに滑り止めのついた「DeFeet」の商品も。

一見軍手みたいですが、強度や防水などを考えているので、やっぱり自転車用の専用品です。

素材・機能性

UVカット、衝撃吸収などなど、高機能グローブも増えています。

悩みを解消するためには、各社がうたっている「こういう機能があります」を参考にしてください。

他にも、革のグローブは革の種類によって、しなやかさやフィット感が異なります。

また、メッシュ素材だと夏は涼しいなんてことも。このあたりも「こだわり」の出るところ。

UVに特化したグローブは?

OGKからはUVに特化したグローブも出ています。

スポーツ自転車乗りさんだけじゃなく、夏にも自転車に乗るシティサイクル(ママチャリ)の女性にも使っていただきたい逸品です。

デザイン

もちろんデザインも超大事!

カタチやカラー、模様など、好みにあわせて選んでください。

自転車のカラーとのコーディネートなんかもいいですよね。

シーズンに合わせて

冬用、真冬用のグローブは種類も用途もさまざま。

選び方や考え方もいろいろです。

この時期のグローブ選びはまた別項で。寒い時期に乗る方はあったかい手袋を選んでください。

XSのほか、2XLも発見! 抱負なサイズが魅力の冬用グローブ 背が小さい人は、手足も小さいことが多い! ってことはどういうことか? シューズや、グローブもなかなか合うサイズがない...
寒くなりました! 防寒具としての手袋が必須のシーズンがやってきましたよ そろそろ寒くなってきたから、ってわけでもないですが、手袋のお話。 防寒着としての手袋を! これからの時期、もう手...
Defeetの手袋
もしかして軍手? そう見えちゃうけど、薄手で高性能な冬手袋がやってきました冬のサイクリングは、手先の冷えが大敵! ですから、冬用グローブは必須です。 オススメしたい冬用グローブが、写真のこれ。 ...
ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる。。。 そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。