MENU
自転車をもっと楽しく

自転車に荷物を積むならどうする??? 「バイクパッキング」が話題です!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-20-19-03-14

店主メカタが嬉しそうにまたがっている自転車。

ARAYAのマディフォックスなんですが、ポイントはそこじゃない。

バッグ類にご注目

各所にとりつけられたバッグ類にご注目ですよ。

どーん

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-20-19-02-57

どどーん

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-20-19-02-41

どどどーん

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-20-19-02-47

という感じ。

すべてApidura(アピデュラ)というブランドのもので、上から順に「ハンドルバーバッグ」「フレームバッグ」「サドルバッグ」になります。

ちなみに、ハンドルバーバッグは、「ドライハンドルバーバッグ(ミディアム)」に「アクセサリーポケット」を組み合わせています。フレームバッグは「MTB(ミディアム)」。これはフレームサイズや車種で選ぶ感じです。サドルバッグは「サドルバッグ(レギュラー)」になります。

この4点を組み合わせると、【 最大積載量は43.5リットル 】になるそう。単純計算ですが。かなりの荷物量です。さらにまだ人もバッグを持てますから、まだまだ運べる荷物は増えそうですね。

rimg2080

そうそう、今回はつけていませんが、こんなのもあります。これもApidura(アピデュラ)のもの。「フードポーチ」と呼びまして、ハンドルにつけて、中には補給食などを入れるってもの。カンタンに取り出せるので便利です。

が、別にフードを入れないといけないわけではありませんので、奥方はハンドルにつけて、スマホを入れています。目の前にあるので安心ですし、すぐに出せて便利。いろんな使い方ができるんですよ。

「バイクパッキング」がブームです

これまで、自転車で荷物を運ぶのは、「人がリュックなどで担ぐ」という考え方と、「キャリアをつけてバッグを吊るす」という考え方。この2種類が主流でした。

しかしそれだといろいろ不具合があります。

人が担ぐと疲れます。

だからってキャリアをつけようと思うと自転車を選びます。

それなら、キャリアやリュックを使わずに自転車に積んじゃおう! という新たな考え方が生まれました。それがこの写真のような大容量のサドルバッグを中心に、自転車に大きめのバッグを取り付ける方法。「バイクパッキング」と呼ばれて、流行しているんですって。

「自分の自転車にはキャリアは取り付けられないし…」

と、大きめの荷物は積めないと諦めていた方も、これを使えば積載力がぐぐぐっと上がるかもしれません。

ロングライドに行くもよし、キャンプ道具を積んで何処かに出かけるもよし。いろんな楽しみ方が考えられますし、新たな遊び方も生まれてきますよね?

店主メカタはこの装備でキャンプに行く気みたいです。

すべてを使う必要はありませんし、他のメーカーからも同じようなバッグ類が発売されてもいます。また形状や機能もビミョウに異なりますので、運びたい荷物の量や遊び方にあわせて、いろんなバッグを組み合わせてみてください。

実物は店頭で

3つ取り付けるとこんな感じ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-20-19-02-32

店頭に実物があります。大きさなど確かめていただけます。

他のメーカのものについても店頭にあったり、ご説明やご提案できたりしますので、お気軽にご相談くださいね。

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。