イベント報告

【イベント報告】 2016.07.30 『田切駅→伊那市駅1hour Bicycle Tour “轟天号を追いかけて2016” Go!Go!轟天号・伍』

写真 2016-07-30 17 53 19

7月30日(土)、お店を臨時休業して店主メカタがイベントに参加しておりました。

長野でイベントに出ておりました

その名も『田切駅→伊那市駅1hour Bicycle Tour “轟天号を追いかけて2016” Go!Go!轟天号・伍』。

写真 2016-07-30 14 03 03

これはOVA『究極超人あ~る』(ゆうきまさみ原作/小学館・バンダイビジュアル1991年)の作中に登場する自転車シーンを再現するもの。主人公たちは、飯田線・田切駅から伊那市駅までを1時間で走りますので、イベントでも1時間でそこを走り抜けようっていう内容です。

イベントとしては今年で5回目。『あ~る』の大ファンだった店主メカタも、今回初参加させていただいたわけです。前日も次の日もお店がありますので、当日の朝に彦根を出て、長野でイベントに参加し、日帰りするという強行スケジュール。でも、絶対行きたかったのです。

作中と同じシーンを再現するのが目的ですので、季節は夏。田切駅を17時に出発し、18時までに伊那市駅前に設置された、『西園寺ツーリスト』の前にたどり着かなければなりません。『大人の真面目な悪ふざけ』をコンセプトに集いしファンたちは、思い思いのいでたちや準備をして、スタート地点に集まります。

マンガに関係するイベントですから、参加者さんにもキャラのコスプレの方がたくさん。また主人公たちが所属する部活「光画部」のOBたちは、いろんな仮装をするという設定がありますので、珍妙な仮装で出るのもOK。

真田仕様の赤備えで

写真 2016-07-30 18 00 30

店主メカタは? っていいますと、安定の「赤備え」で出陣。ちなみに一緒に行った友人は、同じゆうきまさみさんの『機動警察パトレイバー』の特車二課の制服で参戦です。

この友人、小学校時代からの付き合いだったりします。でも一緒に自転車で走るのははじめて。

写真 2016-07-30 18 00 00

今回は信州信濃にお出かけということで、いつもの井伊仕様ではなく、真田家赤備えバージョンにカスタム。地元だからか、大河の影響か? 横を通過していく自動車の中から手を振っていただくなど、励ましていただきました。恥ずかしいところは見せられませんので、必死に走りましたよ!

写真は今回全面協力してくださった友人。ありがとうございます。この方、すごく精巧な自転車のペーパークラフトを作られます。で、その写真を使ったポストカード、もう少ししたら侍サイクルで売りますので、乞うご期待!

地元のサポートが嬉しい♪

地元の方のサポートも手厚く、ドリンクや地元産のスイカやトマト、キュウリなどを提供くださいました。トマトが最高に甘くて、おいしかった(*´ω`*)

なんとか時間内に到着。後夜祭なんかもありますので、ゆっくり… したいのはやまやまですが、なんとか彦根に帰り着くというミッションが。お世話になった方々とお別れをし、無事に31日の午前1時過ぎに帰宅できました

「大人の真面目な悪ふざけ」が生み出す、マーベラスかつファンタスティックな空間と時間を思う存分、堪能させていただきました。この楽しいイベントの陰には運営の皆様、地元の皆様、参加者の皆様のご尽力と熱い思いによって成り立っていることをひしひしと感じました。

写真 2016-07-30 11 51 30 写真 2016-07-30 12 02 04

このイベントがまずは平成30年、田切駅開業100周年に向けて続いていくことを切にお祈りいたします。

地元の名物「ローメン」も無事に食べられましたよ!

飯島町さんのブログに!

こんな飯島町さんのブログにも、武将がこそっと混じっております。

【飯島町元気ブログ】“轟天号を追いかけて2016”Go!Go!轟天号・伍(555.55)~PRブースで応援~

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。