カスタム・ドレスアップ

GIOSの小径車「FELUCA」をドレスアップ 侍サイクルカスタム

RIMG1762

記事としてアップするまでもなく売れちゃった、「侍サイクルカスタム」をご紹介。

「侍サイクルカスタム」のご紹介

「侍サイクルカスタム」とは、とくに和風にカスタムするってわけじゃなくて、展示車として仕入れた自転車をちょっとステキにカスタムした上で店頭に並べて販売していますよってもの。

「速くする」方向ではなく、「安全、便利、快適、カッコイイ」だけを追求して行うのが特徴。カスタムっていうよりも、ドレスアップって感じでしょうか? クルマはよくドレスアップっていいますが、自転車だってドレスアップは大事! って思うのです。

というわけで、GIOSのクロモリフレームの小径車「FELUCA」を街乗りを考えてドレスアップ。

ちなみにこの自転車、タイヤは20インチ。小回りが効きつつも快適な走行ができるのが特徴です。

このカスタムの内容は?

まずは安全と快適を考えて、ライトとスタンドという、街乗りに必須の部品を装着。スタンドはダブルレッグスタンド。片足スタンドでもいいんですけど、やっぱり安定感が違います。お値段はちょっとあがりますが、しっかり停めたい方はダブルレッグがオススメです。

そしてここからがドレスアップ。サドルとバーテープを変更しました。どっちもレザーっぽい雰囲気で、ちょっとオシャレじゃないですか? ブラックの車体にレザー。すごくシックな「大人の街乗り」みたいな感じ。

サドルは革製品には定評のあるBROOKSのサドル。もちろんフェイクじゃなくて、モノホンです。バーテープはレザー風。バーテープは破れたり、汚れたりしやすいのでフェイクで雰囲気を楽しんでいただきたい! と。革製のバーテープも存在はしてますが、ちょっとお高いので趣味の世界かな? と思っています。

とりあえずはそんな感じで。これだけでもグッと雰囲気が変わります。こんなふうに、自転車を楽しむっていうのも、いいですよね!

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。