MENU
おすすめ自転車グッズ

手が寒い! なら“ハンドルカバー”はいかが? 「バーミッツ」はすごい

バーミッツ

寒い季節、自転車に乗ると手が寒い… 

シティサイクル(ママチャリ)のお母様方が使っていたハンドルカバーがほしい! なんて思ったりしませんか?

実はスポーツ自転車用のハンドルカバーあります! なんてお話。手が寒い方、真冬でも自転車に乗りたい方はお試しください。

スポーツ自転車にもハンドルカバーがあります

バーミッツ

スポーツ自転車にもハンドルカバーが存在します。

お値段もさまざま、素材もさまざま。

どの程度寒いのか? などによって選んでいただけるといいんじゃないでしょうか?

シティサイクルのものと違って、ビニールやナイロンなどの素材でできているわけではありませんし、内側にボアがついていたりもしません。スポーツ自転車の機能は活かしつつ、カバーもという商品です。

とにかくあったかい!

プラス点はとにかくあたたかいこと。

冬用の手袋をしても、まだまだ寒い! そんなあなたにオススメ。

極力手袋はしたくないとか、冬用の手袋は苦手とか… そんな方にもいいかもしれません。

侍サイクル
侍サイクル
かなり愛用中! これをつけているから、冬でも基本手袋ナシで乗ってます

いろんな自転車に装着OKです

以前はドロップハンドル用しかありませんでしたが、今はフラットハンドル用もある!

だからいろんな自転車に取り付けていただけます。

気軽に乗ることの多い、クロスバイクやミニベロにこそついていると便利なんじゃないかな? なんて思います。

難点もありますが…

難点はなんといっても見た目? 正直、スタイリッシュだったり、カッコよかったりってことはありません。 

装着していても変速はできますが、シフトにはさまざまな形状がありますので、気をつけて装着を。

ハンドル周りの装着物は干渉することもあるかもしれませんね。

ドロップハンドルの場合は、ハンドルの持ち方が限られてしまいますので、そこはご注意ください。 

どんなハンドルカバーがあるの?

多くの商品が出ているようですが、今回は2種類ご紹介します。

もはや定番!? バーミッツ

もはや定番!? といってもいい「バーミッツ」。

以前はロードバイクのドロップハンドル専用でしたが、フラットバー用の商品もラインナップされ、さらに多くの自転車に装着できるようになりました。

侍サイクル
侍サイクル
材質や分厚さもほどよく、やっぱりよく考えて作られているな! という印象
バーミッツ

フラットバー用の場合、こんな感じで装着しまして…

バーミッツ

実際に使う場合はこんな感じになります。

装着はしてありませんが、店頭にあります。気になる方は、生地の感じなど確認しに来てくださいね。

created by Rinker
バーミッツ
¥8,099
(2022/06/27 06:02:41時点 Amazon調べ-詳細)

マルト「ハンドルカバー」

こちらはマルトというところのハンドルカバー。

マルト フラットハンドル専用ハンドルカバー

形状はバーミッツとほぼ同じ。

シンプルですし、お値段も控えめ。なのですが、ちょっと生地が頼りない気もします。

せっかく取り付けるなら、みっちり守ってほしい! という方ならバーミッツ。とりあえず1枚くらい何か… ならマルトかな…

created by Rinker
MARUTO(マルト)
¥4,040
(2022/06/27 06:02:44時点 Amazon調べ-詳細)

自転車と寒さのお話は、こんな記事もどうぞ

寒くなりました! 防寒具としての手袋が必須のシーズンがやってきましたよ そろそろ寒くなってきたから、ってわけでもないですが、手袋のお話。 防寒着としての手袋を! これからの時期、もう手...
寒いときは3つの「首」
自転車の寒さ対策は「手先と足先、そして耳」3箇所が重要!自転車の寒さ対策は重要です! 秋~冬、いやいや春先も!? 自転車に乗るとき、寒さ対策は重要です! そうなんで...
ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。