自転車店とおトクに付き合う

自転車でも買ってみようかな? と思ったら 意識するといい5つのポイント

小売店の業界では「ニッパチはダメ(2月と8月は売れない)」なんていいますが、なぜか自転車業界は2月くらいから自転車を探し始める方が多くなる印象です。

あまり詳しくない方が「自転車でも買ってみようかな?」「乗りたいな」と思われたときに、こういうことを意識するといいですよってお話を少し。

事前に知っておいてほしいこと

1. 自転車選びは、店選び

自転車選びは、「自転車選び」ではなくて、「店選び」です。

知識も技術もあって、助けは必要ないというのでなければ、メンテナンスなどで自転車店と付き合うことになりますし、店のイベントに参加したり、友人を作ったりという拠点にもなります。

ブランドも大事ですが、「通える範囲」に、「気の合いそう」で、「そこそこ頼りになりそう」なお店をみつけて、そこの取扱品やオススメを買う方が、幸せ度が上がるんじゃないかな? と思います。

とくに最初の1台は、通販やあまり遠い店で買わないほうがいいですし、いろいろ教えてくれそうなところのほうが、いいんじゃないでしょうか。

2. ブランドにこだわるなら、扱っている店へ

すべてのブランドを扱っている自転車店はありません。「どうしてもこのブランド」と決まっていて、譲れないなら、まずはどこで取り扱っているかを調べましょう。

だいたいの場合はブランドのWEBページに「取扱店舗」などと一覧で載っていますので、そこから行けそうな範囲のお店を探して、そこに行ってください。そういうページがない場合、お店に問い合わせて、扱っているか聞くか、ブランドに連絡して買える場所を紹介してもらうかになります。

遠くにしかなくても仕方ありません。それは主にブランドの考え方です。「県内に1店舗取扱があれば十分」という考え方のブランドもあります。個人的には消費者軽視な感じがして、好きになれませんが、仕方ありません。

遠くで買う場合は、何かあるたびに遠くの店に持っていくことになります。だから「自転車よりもお店選びが重要」だと思うのですが…

どうしても遠くに行きたくないなら、近くに持ち込みOKの店があるか調べましょう。OKの場合でも、他店購入の自転車だと、どうしてもいろいろ不自由があったり(専用部品が手に入らないとか)、工賃がサービスされなかったりしますが、それもまた仕方ないと諦めていただくことになります。

3. どこが譲れて、どこが譲れないか?

すべてにおいて、素晴らしい自転車があればいいのですが、すべてを満たすものは多分存在しません。その場合、どの条件は譲るのか? どの条件は譲らないのか? や、優先度を決めておきましょう。

駅から近くて、周りになんでもあって、静かで、新しくて、広くて、設備が整っていて、セキュリティがよくて、しかも安い家がないのと同じです。その場合、予算を高くするのか? 条件を落とすのか? 落とすならどの条件か? 考えないといけません。

自転車も同じ。

いいものが見つかるまで買わないという選択肢もありますので、どこを譲るか考えておきましょう。

4. どう使うか? どう遊ぶか?

何にでもぴったりな自転車なんてありませんので、メインの使い方や、なぜほしいのか? どう遊びたいか? は存分に考えてください。

「なんとなくほしい」でも、別にダメじゃないですが、でもどう遊ぶかのイメージは持ってほしいです。ビワイチしているとか、ちょっと山道を走っているとか、イベントやレースに出るのか? 電車に乗せて遊びに行くのか… 

それを考えてから買ったほうが、きっと楽しく遊べます。

100人いたら100種類、人の数だけ、「ステキな自転車の物語」があると思います。それをじっくり考えてください。その場合には、「自転車に乗った自分がすごくカッコイイ」ってところも大事にしてくださいね。「カッコイイ」は何より大事ですし、一番重要視するところだと思いますので。

5. 事情や考えは最初に主張

「この日までにほしい」「ゼロからみっちり教えて」「とりあえず話だけ聞きたい」「予算は絶対譲れない」「心に決めたものがあるけどベストな選択か教えて」……

いろいろ考えがあると思います。そこを隠して話をされる方も多いのですが、お互いに遠回りですし、時間も無駄です。最初に条件や思惑、事情など、出来る限りあきらかにするほうが、お互いのため。

事情を伝えて冷たくされるなら、それは選ぶべきお店じゃありません。買う前にわかってよかった!

まぁ「それは扱ってないから、扱っているところに行ってください」っていうのは仕方ないんですけどね…

とりあえず、こんな感じでしょうか?

お店からのお願いとしては…

事前にいろいろ調べるのも楽しいのですが、あんまり決めつけるとしんどいです。

マスコミや友人、ネットの知り合いのアドバイスを重視するのも大事なことですし、それはそれでいいのですが… 経験豊富というわけでもなかったり、すごく偏っていたりということもあります。またマスコミやネットにはお金を貰って褒めている側面もあります。ですから… まぁお店の言い分もちょっとは聞いていただけるとありがたいです。

お店で話を聞いて、「うーん」と思ったら、「考えてきます」などと言って出直して全然大丈夫です。何回も足を運んで決める人も多いですし、買う事自体やめる人も多いですし。もちろん別の店で買う人もいます。「うーん」の内容にもよりますが、その場で決める必要はないですし、一度持ち帰るなり、店を変えるなりしたほうが、いいと思われます。

とかですかね?

売りつけたいわけじゃないですけど、いろいろご説明しても、聞く耳がない方も多いので… 何を求められているのかわからないこともあります。

知りたいこと、求めていることはズバっと聞くほうが早いですし、もう心が固まっているなら、それを満たしてくれるところに行ってください。でないと平行線ですし。

相談だけ

いろいろ聞きたい

そんなお話は大歓迎です。少なくとも侍サイクルは。最初にそういっていただけるとうれしいです。

あ、そういう場合は結構時間がかかりますので、お時間に余裕をみて、できたらご予約の上、ご来店くださいね。

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる。。。 そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。