長持ちと安全のコツ

「自転車が急に重くなった…!?」その理由はどこに?

「自転車が急に重くなった…」「漕いでも進まない」そんな相談を受けることがあります。

いやもう「あります」どころか、結構な頻度です。

とくにシティサイクルの方から訴えられる「重くなった」トラブル。その原因がどこにあるのか? 「侍サイクル調べ」レベルで解説を

ざっくり結論

自転車が急に重くなった…」理由。

ざっくり結論は?
  • 空気が抜けている ざっくり50%くらい?
  • ブレーキの不具合 20%~もう少しある
  • 電動アシストの不具合 これが意外と10%
  • ホイールの不具合 10%弱くらい?

以上が、よくある原因。

残り10%程度がチェーン、ハブ、BBなどなどの不具合です

結構重大なトラブルのケースもありますし、「なーんだ」とすぐ直ることもあります。気になった時は早めの相談がオススメ! ではありますが、自転車店に行く前に「空気を入れる」は試してみてもいい… かもしれません。

「自転車が重くなった」に迫る!

自転車が急に重くなる

これ、よくお聞きしてみると本当に「急に」重くなった場合と、「今日ふと気になったんだけど、以前より重く感じる」場合があります。

前者はなんらかのトラブルの可能性が高まりますし、後者はじわっと悪くなるタイプを疑っていきます

どんな車種に多い?

原因の前に、少しだけ車種のお話。

「自転車が急に重くなった…」の発生件数は、シティサイクル(ママチャリ)が圧倒的です。電動アシスト自転車なケースもかなり多く、こちらはとくに年配の女性からの相談が主流になります。

スポーツ自転車のことも、もちろんありますが、こちらはかなり少なめ傾向。そしてそういう訴えの会った場合は「チェーン、ハブ、BBの不具合」のケースが多くなります

まずはタイヤに空気を入れて!

「自転車が重く感じる」 = 「進む・走るを阻害する原因がある」ってことです

タイヤ・ホイール周り、もしくはブレーキ周りに原因がある可能性が!

先にも書きましたが、一番多い原因は「空気の不足」です。タイヤを触ってみると… 空気が全然入ってない! パンクしているケースもあります。

空気が入っていない、時にはパンクしているとすると、推進力はものすごく低下します。だからまず「自転車が重い?」と感じたら、「空気が入っているか」チェック。足りないようなら空気を入れてください。

これだけで解決! することも多いので、空気はしっかりお願いします。

こんな「コンセントが抜けていませんか?」みたいな話、失礼な! と思われるかもしれないのですが… 先にも書いたように半分くらいの割合が「空気の問題」なので、ここはやっぱり改めて!

ブレーキが原因の場合は?

ブレーキに原因の場合は「意図せずかかった状態になっている」ケースが多いです。

ブレーキ位置が動いてしまっている場合もありますし、ホイールが振れてしまっている場合もあります。「ホイールのフレ」については下記ページもご参考に。

自転車の「フレ」って何
自転車が「フレてる」ってどういうこと?年に1回近くの大学で自転車点検をさせてもらっています。 今年の点検で多かったのは「車輪のフレ」。だったんですが… なかなか説明が難...

こちらはブレーキ位置の調整や、ホイールの「フレ取り」をして解消を目指します。

電動アシストの場合はメーカへ

電動アシスト車の「重くなった」は、電動アシスト機能の不具合というケースも実はかなり多いです。

電動アシスト機能がオンにならなくなっていたり、入ってもすぐ切れてしまったり… いろんなパターンの不具合がありますが、アシスト機能が満足に動いていないので、それはもうすごく「重くなって」ます。

でもこれ、自転車部分の不具合ではなく、電子機器の問題なので、基本的に「自転車店で修理する」ではなくて「メーカに相談する」案件。お時間と費用がかなりかかる場合もありますし、買ってすぐではなくて、かなり愛用されている場合は「もう直らない」ケースも。

15年とか乗ってらっしゃる方も多いので「そろそろ買い替えを…」というご提案になったりもします。

結構重症なケースも散見

割合としては少なめですが、結構重症なケースもあります。

ですので、「重くなった?」と気になった場合や早めにご相談を。問題が拡大しないうちに解消できれば、費用や期間が圧縮できるかもしれません。

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。