ライト類

歩行者の時だって明るいライトは必要です! CROPS「DEN-Q」

DEN-Qタイトル

夜道を自転車で走る時に、明るいライトが必要! なのは最早常識です。

が! 夜道を歩くときもライト持ちませんか? ってお話。

夜道を歩いてビックリ! な経験

夜道を自転車で走っていて、真っ暗な中を歩いたり、走ったりしている人や、散歩中のワンちゃんにビックリした経験ありませんか?

暗いと見えなくて怖い
反射材とか、明るい色の服を着てほしい

自転車に乗っていてそんなふうに感じたことのある人! きっと多いはず。

だから、ご自分が歩行者になった時にもライトを持ちません? って提案です。

自転車に乗ってる時は道行く人に「危ないな」「気づかなかった」と思っても、いざ自分が歩行者になると黒い色の服を着て、暗がりを歩いたりしちゃうんですよね…

侍サイクル
侍サイクル
自分の安全のためにも、周囲の安全のためにも。夜道はライトがあるといいですよ

自転車に乗っている時だけじゃなく、歩行者の時だって。安全確保のためにライトがあるといい。とくに家の周りが暗い道だったり、暗い場所を歩く機会のある人なら、ライトのありがたみが実感できるような気がします。

電球型がかわいいCROPSの「DEN-Q」

ってことで、ご紹介したいのがCROPSの「DEN-Q」。その名の通り、電球型のライトです。

DEN-Q1

特徴は?

メーカが提案する特徴はこんな感じ。

  • カラーは2色
  • 高輝度白色LED搭載
  • レジャーから緊急時まで幅広く使用可
  • 100%、60%、20%、点滅の4モード
  • アルミカラビナ付属で、吊り下げての使用OK
  • 立たせて使えばランタン的にも
  • 生活防水仕様

光らせると?

スイッチを入れるとこんな感じ。結構明るい。

DEN-Q2

単4アルカリ乾電池3本で動きまして、稼働時間も結構長い。

カタログスペックとしてはこんな感じ。

  • 点灯(100%):約30時間
  • 点灯(60%):約60時間
  • 点灯(20%):約100時間
  • 点滅:約150時間

100%で光らせても30時間も使えるのはありがたいんじゃないでしょうか。

こんな使い方がオススメ

夜歩く時に

普段からカバンに付けるなど持ち運んでおいて、夜に歩く時にスイッチオン! 夜道でも「誰か(何か)いる」ってわかりやすい!

あなたも安全ですし、相手も安全です。

通勤通学や遊びの帰り道に光らせるのはもちろんですし、夜の散歩のお供にもオススメです。

アウトドアに

急に雨などが降ってきた時など、夜じゃなくてもアウトドアにライトは便利。ザックなどに1つぶら下げておくと重宝かも。

そこまでの明るさはないですが、「ランタン」的な使い方もできます。

自転車にのるときに

ライトが急に壊れたり、電池が切れた時の予備として。

暗い道を走るときには、ライトがたくさんあっても便利。補助灯としても役立ってくれそうです。

CROPS商品はおもしろい

店頭に「DEN-Q」は置いてますが通販サイトにはないんですね。残念。

でもCROPSはおもしろいグッズが多いので、いつも展示会が楽しみ&お店にも多めに展開してます。

この辺りのカギとかオススメです

明るいライトは大事! ほか、ライト関連の話題も

→ 明るいライトってホントに重要!! 夜・早朝サイクリングも楽しいぞーーー!

あわせて読みたい
夜ライド 「観る方向を照らしたい」「手元を明るくしたい」って需要に、こんなグッズを 店主メカタが手に持っているライト。これからの季節に活躍するかも! なアイテムです。 秋はすぐ暗くなりますからねー。夜道を走...
あわせて読みたい
秋の夜長の必須アイテム「リアライト」 こんなリアライトもオススメ 秋の夜長は「リアライト」必須で 秋ですね。だんだん日が短くなってきました。 ってことで、この季節にマストで手に入...
あわせて読みたい
knogの新たなライトシリーズ「MOB」がやってきた! 照射角って考え方にご注目 knogの新シリーズ「MOB」 knogから発売された新しいライト、MOBシリーズのご紹介。 LEDの充電式ライトな...
ABOUT ME
侍サイクル
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる。。。 そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。