ヘルメット

OGK最軽量 たった170gのヘルメット「FLAIR」 試着は店頭で

Kabuto史上、最軽量!

驚異の軽さを実現した「FLAIR」ってヘルメットがやってきました。

「S/M」サイズ、「L/XL」サイズ両方あります。

説明や能書きはいろいろありますが、とにかく触ったり、かぶったりしていただくのが一番。どんな感じか? ホントのところ重さは? そんなところをお確かめくださいね。

「FLAIR」をかぶってみたら?

まずは「S/M」サイズ。店主メカタの頭だとキツキツなのでマネジャーがかぶってみるとこんな感じです。

モデルがどうか? はまぁ目をつぶっていただくとして、サイズ的にはピッタリなんじゃないでしょうか?

マネジャーは純日本人的なアタマの形なのですが、さすがはOGKさん。バッチリです。

限界近くまで肉抜きしてあるので、見た目はちょっとスカスカした感じ? でもスポーティでもあり、フツウっぽくもあり。

どんな自転車でかぶっても、比較的似合うんじゃないでしょうか?

すごく軽いのに、強度的にもしっかり

すごく軽いのに、強度的にもしっかりしているのがウリ。

軽さと安全の両方を兼ね備えているのが「FLAIR」なんです。

L/XLサイズも届きました(2018.04.14追記)

現在「L/XL」サイズも発注していますので、そのうち届く予定です。

FLAIR L/XLサイズ

「L/XL」サイズも届きました! (2018.04.14追記)

こっちだと、店主メカタにぴったりサイズ。どんな感じでしょうか?

なんといっても軽い!

このヘルメットのウリは、なんといっても軽いこと。

OGK最軽量170g!

S/Mは170g、L/XLは185g! なんですって。

自転車のヘルメットは全体的に軽いですが、コレってホントに軽いです!

過去のヘルメットの重さは?

これまでのモノは、OGKの「BC-Oro」で290gほど(カタログ値)

「Zenard」で205g(カタログ値)

「STEAIR」で220g(カタログ値)

「AIRO-R1」のLサイズはバイザーをとって205g、バイザー付きで240gってところでした(実測値)。

とりあえず試してみてください

数値でも軽いですが、持ち上げてみるとその軽さがわかります。「え!?」なんて声が上がるくらい。

こんなのは、いくら書いたってあんまり意味ありません。持って、かぶって貰うのが一番です。

現在はまだモニターで販売用ではありません。これからじわっと7月にかけて販売用が出てくるようですので、まずは確かめて、「これは!」と思われたら発注してくださいね。

軽いとカラダがラクなんです

軽いってことは? 速くなるってこと… とかいうのではなく、単純にラクです。

アタマに重たいものを乗せていると疲れます。クビや肩も凝る。自転車に乗るときって、短くても数時間、長いと十数時間かぶりっぱなしなんてこともあります。1gでも軽いほうが、疲れないってのは自明です。

とくにロードバイクに乗っていると、どうしてもクビに負荷がかかります。自転車乗りさんには、頚椎ヘルニアの人も多いとか。店主メカタも実はそうだったりします。

そういうクビや肩、背中や腰が悪い人は、軽いヘルメットのメリットが大きいです。カラダへの負担軽減、自転車に楽しく乗り続けるためには大事ですよ。

キノコアタマにさよならヘルメット
キノコ頭にサヨナラ! 日本人向け(!?)スッキリヘルメットヘルメットはかぶりましょう スポーツ自転車に乗るときにはヘルメットをかぶったほうがいい! と言われます。 転倒時にヘルメット...
メガネさんのアイウェア問題はこのヘルメットで解決!? OGK「AERO-R1」 OGKのヘルメット「AERO-R1」ようやく出ました すでに話題になっている、OGKのヘルメット「AERO-R1」。やっと...
普段乗りにも使いやすいヘルメット
ヘルメットって、イケイケではずかしい! って方へ、こんなヘルメットはいかが??自転車に乗るとき、一番大事なのは安全! ケガしないこと、事故らないこと、誰かに損害を与えないこと… そのうえに、楽しいとか、速いと...
ABOUT ME
侍サイクル
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる。。。 そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。