ゆるサイクリング

摺針峠を越えて! 『瞼の母』の番場の忠太郎に会いに行く

写真 2016-06-15 10 45 09

長谷川伸の戯曲『瞼の母』。その主人公・番場の忠太郎は江州(滋賀県)出身。しかも摺針峠の番場宿。要は米原です。
すぐ近くじゃない! ということで、摺針峠を越えて番場宿へ。

鳥居本から、摺針峠へ

写真 2016-06-15 9 52 02

鳥居本駅を通って摺針峠へ。

写真 2016-06-15 9 57 31

鳥居本駅や有川薬局など、趣ある建物も多いですので、のんびり行くのも楽しいかと。

峠越えも楽しい?

写真 2016-06-15 10 08 12

摺針峠はさすがに「峠」というだけに、ちょっと坂道が続きます。登りを楽しむのもいいですが、しんどかったら押していただいて峠越えを。

写真 2016-06-15 10 01 01

峠を越えると以前は賑わっていたらしい「忠太郎食堂(廃業)」があります。その近くに「番場の忠太郎像」もあります。
ここからもう少し進むと醒ヶ井ですが…

今回は時間の制約があったため、ここでサイクリング終了。次回は醒ヶ井まで行きたいと思います!

「LINE@」やってます

友だち追加大歓迎! LINEやってて、ちょっと気になる方はお気軽にどうぞ

更新もコマメにしてますので、チェックもしてくださいね

ID : @vhx1326d

友だち追加数

ABOUT ME
侍サイクル
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる。。。 そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。